BLOG

【セブ島で学生に突撃インタビュー】IT知識ゼロからWordpress案件を受注!その過程を振り返る

on 20/04/21 20:04

ここ数年、大注目のスキルであるプログラミング。始める人が多い反面、多くの人が案件を獲得する前に挫折してしまいます。

 

そんな中、弊社が運営するシェアハウスPROQで一緒に学習している大学生の郁弥さんがIT知識ゼロの状態からWordpressの案件を見事に受注しました。

 

そんな郁弥さんが努力を重ねスキルを身につけて、案件を獲得するまでの過程をインタビューで振り返りました。

 

今、プログラミング学習をしていて、これから案件を獲得していきたい方は必見です!

 

  1. プログラミングを始めるまで
  2. 挫折を味わう
  3. ついにWordpress案件を獲得!
  4. 今後の展望
  5. まとめ

 

プログラミングを始めるまで

近藤:郁弥さん、本日はよろしくお願いします!まずは自己紹介をお願いします!

 

郁弥:東京都内の大学に通う大学2年生の郁弥です。大学では経営学部の流通マーケティング学科で学んでいます。

 

近藤:流通マーケティング学科って何か響きがかっこいいですね。でもプログラミングとはあまり関係がなさそうな感じがしますが。

 

郁弥:そうですね。実際に、大学ではプログラミングには一切触れてこなかったです。

それどころか僕、今まではパソコンを触ることすら苦手な学生でした!

 

近藤:へー!本当に0からのスタートだったんですね。

 

郁弥:もう0の0からですね!プログラミング以前のパソコン操作のところでつまづいていました…

 

近藤:今普通にコードを書いたりしているのを見ると想像もつかないですね!その状態でなぜプログラミングに突然興味を持ったのか気になります!たしかに今、空前のプログラミングブームであるとは思いますが。

 

郁弥:元々は、何かを勉強しようなんて気もないだらけた大学生でした。お酒飲んで、パチンコ行って、授業もさぼってといった感じでいかに楽をするかということばかり考えていました!笑

 

近藤:よくあるパターンですね!笑

 

郁弥:本当に何も勉強していなくて。ゼミとかの討論でも周りの話についていけなくて、一番最後まで話ができずに先生に怒られたりして…俺このままいったら普通に就職するのも無理なんじゃないかなと思いまして。

 

近藤:それは結構凹みますよね。

fumiya-1

 

兄の一言がきっかけに

郁弥:はい、凹みました。このままじゃまずいなと思って何かスキルを身に付けたいと思っているときに兄からプログラミングを勧められました。

そこからYoutubeでプログラミングを紹介している動画を見たりして、興味を持ってとりあえず始めてみました!

 

近藤:お兄さんがきっかけを与えてくれたんですね!

 

郁弥:それまではそんなものがあることすら知らなかったので、本当に兄には感謝しています!危機感があったこともあって始めたらすぐにスイッチが入りました。

 

近藤:やっぱりきっかけって大事ですね。

 

郁弥:家族も始めると報告したときに反対をせずに応援してくれたのも大きかったです。「へー。頑張ってみれば。」といったゆるい応援でしたけど。笑

逆に学校の友達とかは、僕がダメダメだったのを知っていたので「無理でしょ!」ってバカにされました。笑

 

近藤:ひどいですね。笑

 

郁弥:軽く流しましたけどね!

fumiya-2

挫折を味わう

近藤:実際に学習を始めるにあたって具体的に何から始めましたか?

 

郁弥ProgateでHTML/CSSから始めましたね。

 

近藤:そこでProgateを選んだ理由は?

 

郁弥:今はありがたいことに色々なブロガーさんなどが学習のロードマップを公開してくれていて、そこにプロゲートから学習すると良いと書いて合ったからです。

 

近藤:Progateから始める人は多いですよね。僕もプロゲートから始めたので最初は楽しくて。

 

郁弥:そうなんです!Progateをやっているうちは楽しくて!

 

近藤:やっているうちはってことは、その後は…

 

郁弥:Progateの全てのコースが終わればWebサイトを作れるようになると思っていたのですが、その後環境構築とかが苦手で全然できなくてかなり苦戦していました。

 

近藤:そのあたりから怪しくなってきたんですね。

 

メンターの大切さに気付く

 

郁弥:そんなときに都内であった「もくもく会」で株式会社NADJAの代表である濱口さんに会って、わからないことなどを教えてもらいました!

 

近藤:そのエピソードは知りませんでした!やっぱり挫折を知らないまま案件も獲得してってなかなかそういうケースはないと思うので、その日がターニングポイントになった感じがしています。

 

郁弥:そうですね!そのまま一人でやっていたら間違いなく挫折していたと思います。PROQに来て、一緒に頑張る仲間とわからないときに聞けるメンターがいることのありがたみにも気づきました。最初は危機感を持って始めたし強い気持ちはあったと思っていますが、それでも孤独に学習をすると心が折れてしまうので絶対に環境は大事です!

 

近藤:その通りだと思います。PROQに来てからは、メンターさんに教えてもらいながらだと思うのですが全然違いますか?

 

郁弥:かなり変わりましたね!わからないところを調べるときに何時間もかかってしまうことがあったのですが、メンターさんにはすぐ聞くことができるので単純に効率が上がりました。

とはいえ自分で調べる力も絶対に必要なので15分調べてもわからない場合に聞くことにするなど、自分の中でのルールは決めています。

他にもメンターさんがいると良い意味でサボれなくて。

メンターさんが一生懸命僕のためにしてくれてるのに、僕がサボるわけにはいけないので自分を管理する意味でも重要です。

PROQ学習風景

近藤:人間は自分に弱い生き物だと思うのでそれはありがたいですよね。そのときは何を学習していたんですか?

 

郁弥:HTML/CSSがある程度理解できたと思ってからは、サイトの模写をしていました。結構難しくて、まだまだ理解できていない部分も多いと感じたので、もう一度復習したりしながらですが。

その後はJavascriptとjQueryの学習を始めました。これはかなり難しかったです。笑

 

近藤:凄くわかります!

 

郁弥:そこからは、Wordpressの案件が多いということをメンターさんに教えてもらってPHPの学習も始めました。

それと同時にクラウドソーシングサービスを活用して、少しずつ営業も始めました。

今思えばひどいのですが、プロフィールとかそこまで力を入れずに雑な提案をしていたので反応はからっきしでした。

 

近藤:慣れないうちは何をしていいかわからないですもんね。

 

郁弥:でも色々と案件を見ていると、改めてWordpressの案件が多いということを実感して、もっとWordpressの勉強をすれば案件が獲得できる可能性があるぞと考えました。

 

近藤:案件がなければどんな難しい技術も活かせないので、案件を見てみるって凄く重要ですね!

 

郁弥:はい、そうしてPHPの学習に力を入れたのですがこれがまた難しくて。あれこれ学習をしてもかなり時間がかかってしまうなーと思って、Wordpressをいじるために必要なPHPの技術にしぼりました。

 

近藤:Wordpressはどのように学習したんですか?

 

郁弥:一からWordpressを構築する方法が載っているサイトを見たり、わからない部分は聞いたりしながら進めていきました。

もちろん最初は意味がわからなかったですけど。

めげずに続けていくうちに案件もやれるんじゃないかと自信がついてきたのと、あとは案件をやりながらスキルアップしていくしかないなと思えるようになりました。

fumiya-3

ついにWordpressの案件を獲得!

近藤:そうですよね。やっぱり案件をこなしていくうちに対応力とかもついてくると思うので。僕もあとからこれはこのことか!って繋がることも多いですし。

ちなみにそこからWordpressの案件はどのように獲得したんですか?

 

郁弥:ちょっと運が良かったんですけど、クラウドソーシングでLPの仕事が獲得できたのですが、ヒアリングをしていくうちに、ブログ機能が欲しいと言われたり…これはWordpressで制作した方が良いと思い提案しました。お客様もその提案を承諾してくれたのでWordpressの案件に変わり単価も上がりました。

 

近藤:それはラッキーですね!でもWordpressを勉強していて本当に良かったですね。

 

郁弥:本当にそうです。もしWordpressを学習していなかったら提案ができなかったので。

 

近藤:その案件はどのような流れで進めていったんですか?

 

郁弥:Wordpressのテーマを指定されたので、基本的にはそのテーマを使って制作していきます。

 

近藤:ではコーディングは必要ないですか?

 

郁弥:いや、全然そんなことがなくて。色々と要望を聞いていると、コードをいじらないとできないような修正がありまして。

Wordpressってテーマが充実していて最初からかっこよかったりするんですけど、どうしても細かい部分を修正しようと思うとHTML/CSSの知識が必要なんです。

 

近藤:わかります!意外とWordpressのテンプレート通りに打ち込むだけであれば、知識がなくてもできたりしますが細かい部分はどうしてもPHPまで含めたコーディングの知識は必要で。

だからこそいくらWordpressが簡単とはいえ専門知識はそれでも必要なので、例えば弊社のような会社に依頼をするわけですよね。

 

郁弥:そうですね。HTML/CSSを使わなくてもできるとこはあるけど、求められることを再現しようと思うと必要なので、学習してきて良かったと思いました!

あとは実際に初めて案件をやってみて要件に対する主要時間や工数がよくわからなくて苦戦したので、Web制作ってコーディングを学習するだけではステップアップしていけないんだなと痛感しました。

 

近藤:僕も最初のころは色々と苦戦したのでわかります!いや、今も日々勉強の毎日ですね。笑

 

郁弥:自分は社会人経験がないのでお客さんとのやりとりとかも難しかったです。

 

近藤:大学生のうちからそういう経験ができるのもいいですね!

 

Wordpress案件をしてみて思ったこと

 

近藤:今回Wordpressの案件をやって感じたことを教えてください。

 

郁弥:月並みですが、僕でもできたので誰でもできるのかなと思いました。今はありがたいことに教材とかもかなり充実していますし。

でもメンターを含め、環境を整えることは大事だと思います。

あとPROQは、メンターさんもいるし学習に集中できる良い環境が整っているので、本当に来てよかったです!

fumiya-4

近藤:本当に正しい努力すれば誰でもできると僕も思います。僕もWeb制作の学習を始める前は、こうしてWordpressのお仕事をいただいているなんて夢にも思いませんでしたが。

 

今後の展望

近藤:今後はどのような活動をしていくつもりですか?

 

郁弥:今、Twitterの発信にも力を入れていて同じ業界の色々な人と関わっています。その中でWebデザイナーを募集している方がいて、ご縁があってWeb制作チームに入ることができたので、Webデザインも猛勉強しつつ手広くWeb制作に関わる仕事がしていけたらと思っています。

 

近藤:Twitterの力凄いですね!

 

郁弥:他にも色々な良いお誘いがあったりするので、Twitterも並行して取り組んできて良かったです。

 

近藤:弊社もマーケティング事業を行なっているので今後、SNS運用ももっと力を入れて更にレベルアップしていかないといけないなと思いました!笑

 

郁弥:何でも継続することが大事ですけど、PROQでメンタリングをしてもらったり、案件獲得のためのマーケティング手法を教えてもらったり、ただ我武者羅に頑張ればいいわけではないということも学びました。

集中できる環境を整えて正しい努力をすればみんな僕ぐらいにはなれると思いますので、みなさんも一緒に頑張りましょう!

 

 

まとめ

郁弥さんがIT知識ゼロからWordpressの案件を受注したということもあって、誰でも頑張ればできると言っていたのが印象的でした。

 

弊社もWordpressやHubSpotなどを用いたWeb制作を行なっているので郁弥さんに負けないように、これからも頑張っていきます。

 

 

近藤 泰樹
Posted by 近藤 泰樹

NADJAの海外拠点長 営業やマネジメント経験もあり、ウェブサイト開発からデザイン、マーケティングまで何でもこなすマルチプレイヤー。

Topics: ソフトウェア開発