HubSpot

HubSpotCMSとは?マーケターでもWebサイト作成できてしまう便利ツール

HubSpot CMSとは、コンテンツマネジメントシステムの中の1つのツールで、Webサイトの作成と運用が一からコーディングをしなくでも作成できます。 なぜなら、CMSには多くのテンプレートがあり、そのテンプレートのデザインや内容を変更することでウェブサイトを作成できるからです。 HubSpotCMSを使うと、マーケティング担当者でも簡単にWebサイトを作成し、CRM機能との連携や多言語でのWebサイト作成までできるようになっています。 決められたデザインをHubSpot CMS Hubで開発したいような場合は、モジュールというWebサイトのパーツを開発し、それをWebサイトに配置することで作成することができます。


Hubspot CMSとは?

HubSpot CMSとは、コンテンツマネジメントシステムの中の1つのツールで、Webサイトの作成と運用が一からコーディングをしなくでも作成できます。

なぜなら、CMSには多くのテンプレートがあり、そのテンプレートのデザインや内容を変更することでウェブサイトを作成できるからです。

HubSpotCMSを使うと、マーケティング担当者でも簡単にWebサイトを作成し、CRM機能との連携や多言語でのWebサイト作成までできるようになっています。

決められたデザインをHubSpot CMS Hubで開発したいような場合は、モジュールというWebサイトのパーツを開発し、それをWebサイトに配置することで作成することができます。

Hubspot CMSだけでなく、他の機能の活用方法については以下のブログをご覧ください。

 

→HubSpot使用者必見|サービス連携と開発でHubSpotを使いこなそう!

 

 

HubSpot CMSの機能

HubSpotCMSは豊富な機能を揃えており、以下のすべての機能が含まれます。

  • SEOのアドバイス
  • テーマ
  • CRMとの連携
  • ドラッグ&ドロップで編集可能
  • 適応型のテスト(A/Bテスト)
  • 効果計測

またCMSの中でも特に有名なWordpressとの比較記事は以下のリンクよりご覧ください。

 

HubSpotCMS vs Wordpress!両者を比較しメリット・デメリットを紹介します

 

SEOのアドバイス

SEOのアドバイス機能ではHubspotがWebサイトをスキャンし、どのように改善したらSEOがより最適化されるのか分かりやすいチェック項目形式でアドバイスしてくれます。

そのため、SEOの専門家でなくても、まずはHubspotのアドバイス通り、チェック項目を1つずつクリアしていくことでよいWebサイトに改善していくことができます。

そして、クリアしたかどうかの判断は改善した項目が次の画像の「解決済みの問題」に移動していれば適切に改善できたと判断できます。

 

 

テーマ

Hubspot CMSには多くのテーマがあり、自分の好きなデザインに近いテーマを選択することで、画像、テキスト、配置を少し変更するだけでプロが開発したようなWebサイトを作成することができます。

また、HubspotのテーマはHubLというHubspot独自のプログラミング言語を習得することで、自作することもできます。

 

→HubSpotの独自言語HubLとは?コードの仕組みを簡単に解説します

 

弊社では、希望のデザインに合ったテーマが見つからなかった場合に、テーマを開発することも可能です。

 

CRMとの連携

Hubspotの最も主力の機能はCRM(顧客管理)機能です。

そのため、HubspotCMSを使ってWebサイトを作成した場合には、HubspotCRMの顧客管理機能で顧客1人1人を追跡し、だれが何回自社のWebサイトに訪問し、そのページを何秒閲覧したかという情報を取得することができます。

この顧客ごとのデータから、Webサイトのコンテンツを顧客ごとに出しわけることも可能になります。

例えば、訪問10回目の方にはポップアップを表示したり、以前商品を購入していただいたお客様には別の商品を勧めたりなど、顧客ごとに最適なマーケティングを実行することができるようになります。

 

ドラッグ&ドロップで編集可能

こちらはテーマの部分で少しふれたように、テーマであらかじめデザインされて状態のものに、好きな画像やテキストをドラッグ&ドロップで挿入することができます。

専門的な知識を使ってプログラミングをしてWebサイトを作るのではなく、PowerPointの資料を作っているような感覚でWebサイトを作成することができます。

また、テーマを開発し、指定のデザインを開発した場合にも、モジュールというWebサイトのパーツごとに作成するので、そのパーツの中身のテキストや画像を変更したり、パーツ自体の配置を変更することもできます。

 

適応型テスト(A/Bテスト)

A/BテストとはWebサイトを最適なデザインやコンテンツにするために行うテストです。

AパターンのデザインとBパターンのデザインを用意し、両方をWebサイトに載せることでどちらの方がより顧客の滞在時間が長く、購入につながったのか分析することができます。

HubspotではA,Bの2タイプだけでなく、最大5タイプまで同時にテストし、まとめて最適なデザインを把握することができます。

 

効果計測

Hubspotでは自動的に多くの顧客に関するデータを収集しています。

先ほどのA/Bテストを実施するときや、WebサイトをCRMと連携するときにも顧客データが活躍します。

その顧客データを分析し、データから仮説を検証するために、Hubspotではレポート機能があります。

レポート機能では収集したの中から指定したデータをグラフや表など見やすい形で表現することができます。

それらの動向を毎日確認したい場合にはダッシュボードというHubspotの管理画面のホームページにピン止めし、常に監視できる状態にすることもできます。

 

HubSpot CMSを使った事例紹介

このようにHubSpotのCMS機能を使うことで最適なデザインのWebサイトを作成するだけでなく、そこからデータを収集・分析し、マーケティング施策に活かすことができます。

実際にHubSpotCMSを導入し、どのような効果があったのか以下のHubSpot公式ページに解説されているのでご覧ください

 

→HubSpotの導入事例紹介

 

 

まとめ

HubSpotCMSではWebサイトを作成する機能だけでなく、Webサイトという手段を用いてマーケティングの施策を実施し、売り上げを上げる部分まで支援できる機能が豊富に揃っていることがわかりました。

HubSpotCMSについて気になる点がある方はお気軽のお問い合わせください。

 

早速問い合わせてみる

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。