BLOG

いまさら聞けない。CRMって何?使ったらどうなるの?

on 20/05/10 9:00

CRMとは、Customer Relationship Managementので、顧客との関係を構築し、管理するために使用されるシステムです。

CRMシステムは、企業が顧客や潜在的な顧客とのすべての相互作用を管理するのに役立ちます。CRMシステムでは、顧客の好みが記録され、顧客の活動を追跡することができます。そのため、顧客は誰と話したかに関係なく、毎回、完全にパーソナライズされた一貫した経験を得ることができます。

CRMソフトウェアは、組織のプロセスとワークフローを合理化し、ビジネスのすべてのパーツが同じページ上にあるようにするのに役立ちます。特に営業・マーケティングチームは、シームレスにコラボレーションし、生産性を向上させるためにCRMを活用しています。

CRM導入の目的は、より魅力的な顧客体験を提供し、顧客のロイヤルティと維持率を高め、ビジネスの成長と収益性を促進することです。

CRMの意味とは?

CRMと聞くと、顧客関係管理の総合戦略のことを指すのではないでしょうか。その目的は、売上と収益性を向上させ、顧客との長期的な関係を築き、ロイヤルティを高めることです。顧客を第一に考え、より良い、よりパーソナライズされた顧客体験を提供することに焦点を当てています。

CRMを使用すると、リードと見込み客が保存され、1つの場所に整理されています。これに加えて、CRMシステムは、ビジネスがすべての顧客とのコミュニケーションを追跡することができます。

 

CRMシステムは何ができますか?


CRMシステムは、電子メール、会社のウェブサイト、ライブチャット、電話、ソーシャルメディアなどを含む複数のソースとタッチポイントから取得したデータを維持し、管理します。

これは、購買履歴、特定の欲求やニーズ、購買嗜好、財務統計などの顧客固有のデータを保存するデータベースであり、顧客の全体像を可視化し、より魅力的で一貫性のあるコミュニケーションを促進します。

その他の機能には以下のようなものがあります。

レポートとダッシュボード機能

 

CRMは、重要なトレンドやビジネス指標を可視化する機能をユーザーに提供します。


販売管理

CRMソフトウェアを使用すると、最初のリード(見込み客の段階)から最終的な注文のコンバージョン段階までの販売プロセスを追跡することができます。

マーケティングキャンペーン管理

CRMシステムでは、必要に応じて自動化されたワークフローを使用して、キャンペーンを最初から最後まで管理することができます。


インサイトの生成

CRMツールは、大量のデータを分析し、そこから実用的なインサイトを生成することもできます。
顧客との関係をより良く管理することができるだけでなく、CRMは次のようなことにも役立ちます。

販売機会の増加による収益の増加

CRMシステムは、販売機会を増やすための情報と洞察力を組織に提供します。

顧客を簡単にセグメント(動的リスト)化する

CRMを使用すると、履歴、人口統計、エンゲージメント、関心度などの購買指標に基づいて顧客のプロファイルを作成することができます。

部門間の連携

CRMシステムは、マーケティングチームと営業チームの連携を支援し、生産性を向上させます。

 

まとめ

ざざっと上げてしまいましたが、一度使うと戻れないぐらいの魅力があります。

CRMの中でもそれぞれ特色があり、NADJAでもよく使うSales ForceやHubSpotが有名ですが、外にもABMベースのCRM+MAなども出てきており、今後目が離せないです。

濱口 雄太
Posted by 濱口 雄太

NADJAの代表 HubSpotを愛してやまないマーケター。 ブリッジSEとして開発の上流工程も担当。

Topics: HubSpot, デジタルマーケティング, リモートワーク