集客・マーケティング

全セグメントにアピール可能!?動画(Video Clip) によるセールスとマーケティングの可能性。

YouTuberが億単位で収入を上げたり、小学生の憧れる職業1位がYouTuberだったり、昨今では大流行していますね。もしかすると、それを通り越して、すっかり日常に溶け込んでいる状態なのかもしれません。 そんな動画サイトだからこそ、広いユーザー層にアプローチできるマーケティングの場所としても有効に働きます。


YouTuberが億単位で収入を上げたり、小学生の憧れる職業1位がYouTuberだったり、昨今ではYouTubeが大流行していますね。もしかすると、それを通り越して、すっかり日常に溶け込んでいる状態なのかもしれません。

小学生からお年寄りまで活用している動画サイトですが、そんな動画サイトだからこそ、広いユーザー層にアプローチできるマーケティングの場所としても有効に働きます。


動画によるマーケティングとは?

動画によるマーケティングとは、動画コンテンツを制作し、それをプロモーション等に使ってマーケティングする手法です。

動画を作成し、または作成依頼し、それを動画サイトに投稿します。その動画を見た人が、動画に関連した企業や製品を目にして、そこで関心を抱くという流れでマーケティングが行われます。動画を投稿するサイトはYouTubeだけでなく、TiktokやInstagramなどへの投稿も視野に入ります。

ちょっとした暇つぶしに、目についた面白そうな動画を見たり、SNSサイトやまとめサイト等で紹介された動画を見てみるといった、無意識のアクションをする人も多く、アクションへの障壁は数あるマーケティング手法の中でも少なく抑えられます。

ポイント1、動画はサービスや製品を検討してもらうのにも有効!

動画によるマーケティングにより、企業や製品に関心を持ってもらえるといった拡散力は動画のメリットですが、もう一つ踏み込んで、映像でダイレクトに品質を訴えるといった効果も期待できます。

製品やサービス内容を実演する動画を見れば、効果や内容は一目瞭然です。サービス内容の透明性が確保され、サービスを実際に購入するための抵抗が解消されます。

また、製品の良さもダイレクトに伝えることができるので、ユーザーは動画を繰り返し見ることによって、そのサービスを購入することを検討することができます。

ポイント2,動画を埋もれさせないようなセンスや話題性が重要!

動画によるマーケティングは、拡散力や手軽さから、製品やサービスを知ってもらうのに適していますし、製品やサービスを映像で紹介することで、本格的な検討にも役立ちます。マーケティング面では万能と考えられますが、ここで問題になるのが動画作成です。

動画サイトに投稿するには、まず動画を作らないといけません。また、動画は今や一日に万単位で増えていきますので、他の動画の中に埋もれてしまわないようなクオリティも大切になってきます。

そうすると、やはり、動画制作にはある程度の専門性や工数が要求されることになります。また、単なる商品紹介動画ではなく、動画として面白く話題性の高い動画を作った方が、拡散力が高いでしょう。なので、自社制作が難しい場合は、動画制作のプロに依頼するとよいでしょう。

話題性を高めるには、動画に有名人を起用する方法も有効です。比較的安価に依頼出来て、動画を見る層に請求できるお笑い芸人、声優、YouTuberを起用すると、コスト面でも拡散力でも効果的ではないでしょうか。

特にYouTuberとのコラボは、すでに育っているYouTubeチャンネルでの宣伝も期待できますし、動画サイトの関連動画に載る確率が増えたり、まとめサイトに取り上げられる確率も多くなり、ネット上での話題性に強いです。

ポイント3,アイデア次第で効果が高まる!

動画を通して、時に有名人の知名度にも手伝ってもらいながら商品やサービスを広める、そして、映像によって分かりやすく詳細な商品紹介も可能な動画によるマーケティング。

認知と検討を同時に行える動画マーケティングは、手法としてはかなり優れています。場合によっては話題性を重視した動画から、製品紹介を重視した動画への誘導なども行い、効率的にマーケティングを行いましょう。

まとめ

HubSpotではVidyardやDubbと連結することで簡単にビデオマーケティングをすることが可能です。

こんな風に↓

ちょっと画面が暗いですね笑

このように動画によるセールスやマーケティング、ビデオレターなども可能です。

僕はデモやオンラインセミナー(ウェビナー)を録画してLinkedinにアップロードしたり、と活用しています。

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。