開発・エンジニアリング・情報システム

ソフトウェア開発の仕事の流れとは?開発から保守に至るまでのフローをご説明します!

この記事は、ソフトウェア開発の一連の流れ、いわゆる業務フローについて紹介するものです。ゲームソフトや業務システムを制作するにあたって、どのような業務があるのか、また、業務によって担当する職種も異なりますので、合わせて解説していきます。


この記事は、ソフトウェア開発の一連の流れ、いわゆる業務フローについて紹介するものです。ゲームソフトや業務システムを制作するにあたって、どのような業務があるのか、また、業務によって担当する職種も異なりますので、合わせて解説していきます。

ソフトウェア開発業務フローその1.営業〜ヒアリング

ソフトウェア開発は、まず営業活動からスタートです。

新規・既存問わず顧客の業務効率化に向けて、システムの改善が必要なのか、もしくは新システムを導入する必要があるのかなどを検討します。

顧客の課題解決に向けた仮説を立て、ヒアリングを行います。

ここから行われるヒアリングは非常に重要な工程で、この段階でいかに顧客課題を深堀できるかが、その後の開発業務等に大きく影響します。

ここでは事前に立てた仮説や収集した情報をもとに具体的な顧客の課題解決に向けて話し合い、企画に落とし込みます。

 

ソフトウェア開発業務フローその2.企画・提案〜契約

上記ヒアリングで確認した内容を整理し、実現するために必要な「費用」や「時間」、その他費用対効果などを検討し、企画を立て提案します。

この企画提案は一般的に、複数回繰り返すことが多く、入念にすり合わせを行い、認識のズレやスケジューリングや費用感の確認・修正を実施します。

ソフトウェア開発においては顧客の要望を掘り起こし、それをいかに具体的な提案にできるかが重要となり、双方納得できれば、契約となります。

契約に際しては、機能面で優れている・費用対効果が高い、などとメリットを分かりやすく表現した見積もりを提示することが重要です。

Business man pointing the text Checklist

ソフトウェア開発業務フローその3.要件定義

契約が完了した場合、要件定義に進みますが、ソフトウェア開発において必ず必要となる工程でありながら、その後の設計や開発などにも大きな影響を及ぼすため、非常に重要な工程です。

これまでに立てた企画提案に基づき、以下の事項を検討していきます。

・現行の業務フロー及びシステム設計書

・本プロジェクトにおける顧客との関係性及び役割分担

・具体的な解決策(必要な機能を明確にする)

これらを検討することで、現状を把握しつつ、顧客との役割分担を明確にし、より精度の高い要件定義を実施することができます。

ソフトウェア開発業務フローその4.設計〜開発

設計フェーズでは作成した要件定義に合わせて、開発するソフトウェアの全体像や仕様を検討します。

具体的には画面やDB、テスト方法、運用方法、保守、メンテナンスといった幅広い事項について検討します。

設計と一言にいっても「基本設計」「詳細設計」の2つに別れます。

基本設計では操作画面についてなど外から見た場合の挙動、詳細設計は表には見えないところを決める工程で、基本設計で決めた動きをどう実現するかを決めていきます。

この2つと合わせて、具体的な開発工程を決め込んでいき、設計書に合わせてプログラミングを行い、開発を進めていきます。

ソフトウェア開発工程その5.テスト〜納品〜保守

テストには大きく3つのフェーズがあり、それぞれ

・プログラム単体のテスト=単体テスト

・プログラム複数を組み合わせたテスト=統合(総合)テスト

・全体のテスト=システムテスト

と呼ばれていますが、いずれについても設計書通りに動くかを検証するフェーズです。

この工程では、開発当初に予期していなかったエラー(バグ)が出ることが多々ありますので、その都度修正を行い、最終的には顧客が実際に扱うデータを活用しつつシステムの動作をチェックする、運用テストというフェーズを実施します。

この運用テストをクリアすると、ようやく顧客へのシステム・ソフトウェアの納品が可能となり、設計書や運用マニュアルも受け渡し、保守フェーズに移行します。

「保守」としての業務は、システムに障害などが起きた際のメンテナンス、必要に応じた機能追加があります。

Project management with gantt chart

ソフトウェア開発業務フロー まとめ

ソフトウェア開発における業務フローについて説明してきました。

数多くの工程がありますが、最も重要なのはお互いに「課題の解決」にいかにフォーカスできるかどうかです。

コミュニケーションを重ね、最初は認知できていなかった課題を見つけたり、気づきを与えられるようなコミュニケーションが取れれば、とても質の高い「課題解決」が実践できることと思います。

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。