HubSpot

現状の市場シェアに限界を感じている営業担当者様へ

現状を打破し、新たな市場を見つけ、イノベーションを起こしませんか?


自社製品の売上がピークを迎え、市場のシェアに限界を感じてる営業担当者様へ

市場セグメント「無消費」を見つけ、アプローチする事によって、

その現状を打破できるかもしれません!

 

【目次】

1、無消費とは?!
2、無消費の見つけ方
3、無消費へのアプローチ
4、まとめ

 

1、無消費とは?!


顧客の中にはジョブを満たす解決策が見つけられず

「何も雇用しなかったり、間に合わせの物でその場を凌いでいる」

人々が存在しています。

この市場セグメントの事を「無消費」と言います。
もうすでにイノベーションも収まっていると考えていた市場に、

実は「無消費」セグメントがふんだんに存在している事が解っています。
この無消費はこれまでになかった消費だけに、見つけるのは困難です。

それゆえ、見つけ出せれば自社製品を雇用してもらえる大きな市場となる可能性があります。

現状の市場シェアばかりを注目するのではなく、

今までジョブを満たす解決策を見つけられていない人に対して、新しいイノベーションを提供することができれば、営業担当の皆様にとって大きなチャンスとなるのでないでしょうか。

        

 

2、無消費の見つけ方

「無消費」を見つけるにあたって、人々がなぜジョブを満たす解決策と出会えなかったのか

を考えてい必要があります。

以下の3つの項目を押さえて考えていきましょう。

①スキルが足りなかった

ジョブの解決策が市場に存在したとしても、雇用する人自身にスキルが無いために敬遠されたり、雇用されないケースがあります。

例えば、ITツールなど、一見複雑で難しそうに見えると雇用までのハードルが上がり、1部の層にしか消費されていませんでした。

②費用が高かった

単純に費用が高すぎて、製品と出会ったとしても雇用までに至らない例もあります。

また想定していた予算を超えてしまった場合は似たような機能の似たような製品を安く購入しその場をしのいでいる人々も少なくありません。

 

③物理的に距離がある場合

行動可能な範囲を明らかに超えた場合購入をあきらめてしまうのは致し方ありません。

例えば、学びたい学問が海外の大学にしか無く、直接通学して通うことが必須条件であれば

多くの人は、別の手段を検討する事でしょう。

以上の3つのパターンが「無消費」を生み出している大きな原因となります。

確かに、自分自身を振り返ってみても、

これらの理由で製品の雇用を諦めて別の製品で間に合わせをしている事も、少なくありませんでした。

皆様も消費者の立場になった時に、無意識に上記の理由などで購入を断念したり別の手段を検討することはありませんでしたか?

      

 

3,無消費へのアプローチ

 

最後に無消費へのアプローチ方法です。

これは、無消費へと至った原因を潰し、

逆に、顧客がどの様な製品なら雇用しやすいかを考えていきます。

 

①スキルのハードルを限界まで下げて、使いやすくする

②価格を安くして手に届きやすくする

③オンライン対応や購入をネット通販にし物理的な距離を解消する

上記の①~③を踏まえて製品の価値を再定義し、市場へアプローチを仕掛けていけば

今までとは、異なった顧客に届く事でしょう。

         

 

 

4、まとめ

この様に自社製品を新たな「無消費」という視点で改良し、今まで届いていなかった顧客層にアプローチする事ができれば素敵な企業のマーケティング活動や売上向上にも大きく繋がることと思います!

その他、営業活でお困りの方は、お問い合わせお待ちしております。

 

早速問い合わせてみる

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

 

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。