HubSpot

ジョブ理論で営業手法に革命を起こし、顧客満足度を上昇させませんか?!

営業担当の皆様は日頃、どの様な営業手法を取られていますか? もし、あなたが新たな営業手法を探しているのであれば「ジョブ理論」が 最適解かもしれません。


営業担当の皆様は日頃、どの様な営業手法を取られていますか?

もし、あなたが新たな営業手法を探しているのであれば「ジョブ理論」が

最適解かもしれません。

↓↓営業に関してのご相談はこちらから↓↓

 

早速問い合わせてみる

 

それではジョブ理論について解説していきます。

目次

1,ジョブ理論とは?

2,そもそも、ジョブとは?

3,ジョブを片づけられる製品とは?

4,ジョブ理論を使ってイノベーションを起こす!

5,まとめ

 

 

 

▼ジョブ理論とは?

ジョブ理論とは、人がなぜ製品を購入するのかを理解するための1つの方法です。
ジョブ理論を使えば、「顧客が何をしたがっているか」を説き明かし、顧客へ最適な提案を可能にし、同時に顧客の満足度を上げることが出来ます。

 

▼そもそも、ジョブとは?

 
ジョブとは人々の日常のなかで発生する「片づけたい仕事」の事です。
例えば、壁に絵画を取り付けること・木の上に小屋を作ることであったりします。
私たちはこれらの様な日々発生する「ジョブ(仕事)」に対処しなくてはなりません。
そして、人々はその「ジョブ」を片付けるために製品を購入しています。

▼ジョブを片づけられる製品とは?


「ジョブ」を片づけるという視点で製品を捉え直すことで、今まで見えていなかったターゲット市場についての様々な物事が明らかになってきます。
人々の抱える「ジョブ」に対して、手頃な価格で入手できる製品をここに投入すれば、今までとは全く違う大勢の人々に、「この製品なら自分にも購入出来て、ジョブを片づけることができ、別のやり方でごまかす必要がなくる」と気づかせることができるかもしれません。

▼ジョブ理論を使ってイノベーションを起こす!


生活の中で、生じるジョブの多くは日常生活に組みこまれています。そしてそれは予測可能で対処方法も知っています。
では、「初めて遭遇する手のかかるジョブ」に関してはどうでしょうか?そもそも、片づけるジョブを認識しなければ、製品の購入にはたどり着きません。
つまり、私たちが、それをジョブとして認識出来るかどうかが重要になってきます。製品を生み出すことに意味があるのはこのような「片づけるべきジョブという認識」が存在する場合においてです。
このメカニズムを理解すれば、イノベーションがどこにあるか、もう少しはっきりと見えてくるのではないでしょうか。 

まとめ

人々には、片づけたいジョブがあり、そのジョブに対処する為に製品を雇用しています。

自社の製品が、どのような人たちにとって雇用されやすく、どの様なジョブを対処する為に存在しているのかを改めて考えることで、営業担当の皆様の道が開けるかもしれません。

 

 

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。