HubSpot

営業担当者必見|効果的なキャンペーンを作成するには?!

営業担当者の皆様へ、自社製品をより多くの人々に知っていただき、購入へと繋げるために作成するキャンペーンの効果的な方法とは?


 

営業担当の皆様は、普段どの様なキャンペーンを実施されていますか?

初めてキャンペーン内容を考えている方も

既に何度か実施されていて、より効果的な方法を探している方も

効果的なキャンペーンの準備から効果測定まで、一緒に学んでいきましょう。

 

【目次】

1、キャンペーンとは?!

2、キャンペーンの具体例

3、キャンペーンの効果を高めるには

4、まとめ

 

 

1、キャンペーンとは?!

 

キャンペーンとは、自社のHP・ウェブサイトや実店舗などで、

様々なチャネルを使い、人々に商品について興味をもって頂き、

購買へと繋げる行動を促すための試みとなります。

キャンペーンは自社の戦略的な方向性に合わせた成果を達成できるように、

日々の営業活動を始め、社内の販売におけるリソースを集約させやすくすることを目的として作成されます。

また、HubSpotなどの顧客管理システムを使用することによって、

キャンペーンの効果を正確に測定し次の販売活動にも活かすことができます。

 

HubSpotが気になる  

 

 

2、キャンペーンの具体例

 

例えば、IT関連のソフトウェアを販売している企業であれば、

既に自社製品を使用している、無料ユーザーに対して、

アップセルを目的とした、ウェビナーを開催し、有料製品を紹介し

購入を促すキャンペーンを作成することも出来ます。

また、教育機関であれば、

オープンキャンパスの案内を送信し、

自分の子供に合っているかどうかを判断してもらえるよう促す場を提供できます。

他にも車販売会社であれば、

購入頂いたお客様へ、数年経った乗り換えの時期に再度自社で購入を検討頂くように、

案内や割引クーポンを配布することも可能です。

 

 

 

3、キャンペーンの効果を高めるには?

 

キャンペーンの効果を高めるにはSMARTの法則に従って目標を設定する必要があります。

このSMARTの法則とは、

Specific(具体的)、Measurable(測定可能)

Attainable(達成可能)、Relevant(適切)、

Time-bound(期限)

の5つの頭文字を繋げたものです。1つ1つ解説していきます。

 

Specific(具体的)

「見込み客の10パーセントにウェビナーに参加して貰う」

といった数値と固有名詞を取り入れた誰が見てもわかりやすい目標にしましょう。

 

Measurable(測定可能)

キャンペーンの効果を目標への達成度で確認することです。

HubSpotの様な顧客管理ツールを導入していると簡単に測定することができます。

 

Attainable(達成可能)

目標設定が高すぎて到底無理なキャンペーンを作成すると、

空回りして予算が無駄になってしまい、逆効果です。

現状把握からスタートし地に足をつけて、

現実的に達成する事が可能な目標を設定しましょう。

 

Relevant(適切)

目標そのものが、自社との戦略の方向性と一致していることを意味します。

独身者の結婚相談の集客用のキャンペーンが、

小学生の子供に刺さってしまい、結果的に家族連れて来場された場合、

自社のお客様になる可能性は極めて低く、戦略的ではないといえるでしょう。

 

最後に

Time-bound(期限)

いつまでに目標を達成するかの期限となります。

たとえば、教育関係者であれば「夏休みを利用したオープンキャンパス」を作成するため

目標期限を遅くとも8月末に設定するといった形です。

 

この5つを意識し、効果的なキャンペーンを設計・作成していきましょう。

またHubspotであれば、SMARTの法則に則り目標設定したキャンペーンの準備・実行・効果測定までを

簡単に管理し継続的な販売活動を実施する事ができます。

 

 

4、まとめ

 

自社製品をより多くの人々に認知・購入頂くため、

効果的なキャンペーンを作成していきたいですよね。

もし、不明点やご相談がありましたら、下記よりいつでもお問い合わせお待ちしております。

Hubspotゴールドパートナーとして、全力でサポートさせて頂きます。

 

早速問い合わせてみる

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次のブログでお会いしましょう。

 

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。