オフショア開発、コロナリスク下での海外委託はどうなる?

未だに収まる気配のない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ですが、全世界規模で様々な影響が出ています。外出禁止令や、様々な仕事の遅延とテレワーク化、オリンピックの延期も日本だけの話ではありません。そんなコロナリスク下で、オフショア開発も影響を受けています。


 

未だに収まる気配のない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ですが、全世界規模で様々な影響が出ています。外出禁止令や、様々な仕事の遅延とテレワーク化、オリンピックの延期も日本だけの話ではありません。そんなコロナリスク下で、オフショア開発も影響を受けています。

 

・新型コロナ感染症による消費の冷え込み

 

では、新型コロナウイルス感染症が、どういった影響をオフショア開発に及ぼしている。また、今後、及ぼす可能性があるでしょうか。

 

まず、現在の状況として、オフショア開発に限らず、開発職、ひいては全ての産業の環境に大きな悪影響があるのは、消費の落ち込みによる売り上げ減でしょう。外出する人が減ると影響を大きく受ける観光業や飲食店ほどではないものの、新型コロナウイルス感染症の影響で消費が極端に冷え込んだ結果、ソフトウェアの売り上げや受注は落ち込んでいます。

 

開発職にとっては不幸中の幸いですが、一部、ゲームなどの娯楽系や、リモートワークに関わる企業においては特需が発生しています。リモートワークは国ぐるみで推奨されていて、新型コロナ対策にもなるということは、想像に難くないでしょう。ゲーム系娯楽系ソフトウェアについては、コロナ禍において、家にいる期間が延びた結果、室内で遊べる娯楽が人気となっているという理由が有力です。

 

一部のIT産業が盛況なのは喜ばしいことではありますが、全体としてみると、やはり、現状は厳しい状況が続いています。

 

・業務効率への影響

 

新型コロナウイルス感染症の影響はそれだけではありません。消費の冷え込みに次に深刻なのが開発期間の遅延です。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で、交通手段が限られ、リモートワークを強いられる環境となっています。そのため、通常通りに業務をこなせない状態になっている場合が多いです。

 

これに関しては、ソフトウェア開発職、特にオフショア開発においては特殊な環境となっているので、他の職業には当てはまらないメリットとデメリットが存在しています。

 

・新型コロナウイルス感染症、開発職のメリットは?

新型コロナウイルス感染症は全世界、全業界に影響を及ぼしているので、デメリットが緩和できていることがメリットと取れます。

 

そう考えると、主に電子データを取り扱うソフトウェア開発業は、運送面では新型コロナの影響を受けにくい業種です。

 

拠点間など、長距離でのデータのやり取りをする場合、プログラムのデータを送ればよいので、インターネットによってデータのやり取りができます。また、守秘義務の関係上、どうしてもクラウドを通してのデータのやり取りを避けたい場合でも、大きな荷物の運搬にはなりにくく、運送網の乱れを受けにくいというのも不幸中の幸いと考えられるでしょう。

 

テレワークに移行しやすいというのも、コロナ禍においてはメリットとなります。IT関連企業では、ファイルをやり取りする関係上、チャットツールや電子メーラー等の普及率が高い傾向にあります。そういったツールはテレワーク環境には必須のものと言ってもいいくらいのツールですが、そのツールが既にセットアップされていて、使い慣れていることは、テレワーク移行に要する時間を大幅に短縮できる要素となります。

 

また、ソフトウェア開発職は、不特定多数の顧客とのやり取りが少ない職業です。接客業は勿論、飲食店や商店、運送業等、不特定多数の人に関わるのが普通の職業は、様々な人と間近で接する機会がある為、新型コロナウイルス感染の可能性は上がります。

 

しかし、常に同じチーム間でのやり取りしか発生しないソフトウェア開発職では、チームメンバーの感染が確認されなかった場合、新たにコロナウイルスが持ち込まれる可能性は低いです。商店の利用や飲食等、プライベートでの感染はあり得ることですが、それはどの職業にも言えることですね。

 

・新型コロナウイルス感染症、開発職のデメリットは?

 

開発職のデメリットとしては、やはりリモートワーク環境による作業の非効率化や、景気の落ち込みによる売り上げ減でしょう。

 

リモートワークに関しては、リモートワークに慣れれば、作業は逆に効率的になる可能性も考えられますが、少なくとも現在では、ワークスタイルが急激に変化したことで、不慣れな環境での作業を強いられるということになります。

 

守秘義務により、システムの管理が厳格な場合、リモートワークではなく、やはり閉鎖環境での作業をしなくてはならない場合があるでしょう。そうなると、影響は少ないですが、やはりコロナウイルスの影響は付いて回ることになります。交通手段や、近くの店舗の自粛閉鎖等、コロナウイルスの影響は避けられないでしょう。

 

また、会社で開発を続ける場合には、コロナウイルス感染対策として、毎日の体温検査等の対策作業を行う場合があります。体温が危険値であった場合は、コロナウイルスの検査を受ける等、更なる対策の可能性もあるでしょう。結局は、そういった対策で労働力を割かれることになるので、労働力は平常時よりも必要となってきます。

 

・コロナ禍のオフショア開発のデメリット

 

オフショア開発は海外に開発をアウトソーシングする開発手法ですが、そのため、海外でのコロナウイルスの影響を受けやすい開発手法です。

 

コロナウイルスの影響は全世界にありますが、その影響は国によって様々です。コロナウイルスの影響について印象的な国は、やはり中国でしょう。中国、武漢で発生した可能性の高いコロナウイルスですが、中国では各地で外出の規制が相次ぎました。これによって中国のソフトウェア開発は大幅に制限されました。

 

また、ベトナムでは国際線を休航。カンボジアでは主要な国に一時入国禁止措置を出したり、渡航禁止を促しました。

 

このように、コロナウイルスの影響が強い時期には、国内外で行き来が禁止される場合があります。なので、現地での打ち合わせやシステムのレビューが突然不可能になる可能性があります。進捗が不安定になりがちということですね。

 

・コロナ禍のオフショア開発のメリット

 

オフショア開発は、コロナ禍において、有効な開発手段となり得ます。テレワークが新型コロナウイルス感染を防ぐために有効な方法だからです。

 

新型コロナウイルス感染を防ぐために国ぐるみのテレワーク推進が行われましたが、こういった環境は、オフショア開発を行っている企業にとっては有利に働く場合が多いです。

 

オフショア開発を行っている企業は、テレワークに必要な機材の選定や、テレワークの運用のやり方等、テレワークに関するノウハウが蓄積されています。そのため国内の開発においても他企業と比べてスムーズに移行できます。

 

また、オフショア開発自体でも、テレワークでやり取りをしている部分が多いので、今まで通りのワークスタイルで続けられる部分が多いです。

 

とはいえ、カントリーリスクとして、新型コロナウイルスによる影響が濃くなったため、開発進捗は不安定になりました。とはいえ、これも全体としての比較としてみると、オフショア開発を元々行っていた場合には有利に働いています。

 

元々、様々なカントリーリスクに脅かされながら運用するのがオフショア開発です。そのため、こういったトラブル対応のノウハウが蓄積されています。他企業と比べると、対応がスムーズに行える場合が殆どでしょう。

 

また、新型コロナウイルスに強い国に開発を委託するという、オフショア開発の本来の性質を活かした新型コロナウイルス対策が可能だという面でも、オフショア開発はコロナ禍に有利に働きます。

 

台湾は初動でほぼ完ぺきに新型コロナウイルスの影響を抑えることに成功しました。ベトナムもまた、ロックダウンの徹底により、早期に新型コロナウイルスによる影響を抑えることができました。こういった国にオフショア開発を委託することで、業務への影響を軽減することができます。

 

また、新型コロナウイルスの影響かでは、国内開発をする場合にも不安定な要素は多くなります。そのため、オフショア開発を利用することでリスクを分散させるという手法を取ることができます。

 

上記のように新型コロナウイルスを抑え込んでいる国以外にも、リスクを分散させるという目的で、オフショア開発を委託するメリットは充分にあるでしょう。

 

コロナウイルスの影響は殆ど全ての企業にとって打撃ですが、オフショア開発の形態をとっている部分では、影響を軽減しやすいという部分で不幸中の幸いとなっている場合が多いですね。

 

・オフショア開発の発展

オフショア開発に関しては、コロナウイルスの影響が将来的に吉と出る可能性は、かなり高いと言われています。世界全体でテレワーク推進の流れが出来たからです。

 

オフショア開発においては、インターネットや電話等、遠隔通信手段が主なコミュニケーションの手段となります。

 

日本ではコロナウイルス対策として、国ぐるみでテレワークを推進する動きがありましたが、日本だけでなく、世界的に見ても、そういった国は少なくありません。

 

オフショア開発は、元よりテレワーク技術を活用した開発運用方法です。遠隔コミュニケーション技術の発達によって、海外とのコンタクトが取りやすくなったため、ソフトウェア開発の海外アウトソーシングが可能となったことでオフショア開発という手段が可能となりました。

 

そういった性質のオフショア開発にとって、テレワークの発展は、新たな可能性となるでしょう。

 

新型コロナウイルスは、今でこそ様々な国で猛威を振るっています。しかし、どういった流行り病であっても、やがては必ず収まり、日常が戻ってきます。

 

ワクチンが出来て新型コロナウイルスの治療が容易になるのか、それともインフルエンザのように、ずっと付き合っていく病となるのか。それは現時点では誰にも分からないでしょう。しかし、どちらにせよ日常は戻ってきます。

 

日常が戻ってきた場合に、発展したテレワークによって、オフショア開発は更に発展を遂げているという未来が期待できます。

 

・テレワークとオフショア開発の発展

 

テレワークが世界各地で発展すれば、オフショア開発は良い影響が受けられるでしょう。既にテレワークを使っている国、企業では、テレワークの更なる発展により、通信の品質が向上、安定した通信を得られ、今まで以上に安定した品質で開発が可能となる。

 

テレワーク技術が未熟な国や企業でも、今回の新型コロナウイルスの流行でテレワーク技術の発展が促成され、オフショア開発の委託先が増える。こういった影響が見込めます。

 

ソフトウェア開発技術が向上し、国による格差が無くなれば、ソフトウェア開発技術者の人件費も均一化され、オフショア開発のメリットは減ってしまいます。

 

そうなった場合、国によってソフトウェア開発技術に差があるのを利用しているオフショア開発は、消滅してしまうでしょう。

 

オフショア開発はそういった宿命を負っている開発手法ではあります。ですが、新型コロナウイルスの影響によって、テレワーク技術の発達が多くの国、地域、企業で見込めるようになりました。それまではオフショア開発が行いにくかった国、地域、企業が、新たにオフショア開発先となる可能性は高いでしょう。

 

コロナ禍においては様々な苦労がありますが、長く見れば、オフショア開発の可能性は広がりが見込めます。新型コロナウイルスの猛威に耐えつつ、そういった未来に備えてみてもいいのかもしれませんね。

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。