BLOG

マーケター初心者必見|知られざるランディングページの効果とは?

on 21/09/03 13:39

IT技術の発展によって多くの企業では、ITを使ったデジタルマーケティングをし始めていると思います。

今回は、Hubspot Academyで紹介されている、ランディングページの効果について解説していきます。

 

ランディングページとは

ランディングページとは具体的にどのようなページを指すのでしょうか。

一般的には企業のホームページとは別で、ある商品やサービスに特化したページのことを指します。

企業がランディングページを作るのは、その商品やサービスについて必要としているお客様に刺さるようなページにしたいからです。

ホームページでは会社や事業について書かれていますが、すべての商品やサービスの詳細については説明していないです。

そのため、ランディングページでその商品やサービスについて詳しく紹介していきます。

 

ランディングページの効果

一般的に良いとされるランディングページではコンバージョン率(CVR率)が10%あるといわれています。

そのようなページを作ることができたら、ランディングページによってリードを50%も増幅する効果があります。

ランディングページを未だに作成していなくて、リードの獲得に悩んでいる場合はまずランディングページ作ってみましょう。

 

ランディングページを作る時の注意点

購買意欲を高めるランディングページを作るには、いくつか注意する必要があります。

特に以下の6点はCMS機能のあるマーケティングツールを作成しているHubspotでランディングページを作る時に意識すべきだと言われています。

・ヘッダーは顧客が何を得られるのかを明確にすべき
・統計や事例を入れると説得力を高めることができる
・画像やビデオを1つ以上は入れると顧客伝わりやすくなる
・画像にAltテキストを入れる
・問い合わせハードルを下げるために項目数を下げる
・CTA(※)のボタンはボタンを押したら何が起きるのかを書く

※CTAはユーザーに行動を促すようなテキスト、画像、ボタンなどを指します。

 

HubspotCMSでランディングページ作ろう

Hubspotとはアメリカ製のマーケティングツールです。

マーケティングオートメーション、ホームページの作成、顧客管理、などマーケティング周りの機能がすべて含まれています。

その中で、HubspotにはCMS(コンテンツ管理システム)機能があり、プログラミングがわからなくてもホームページやランディングページ作成することができます。

顧客管理機能やオートメーションとの相性も良く、ランディングページ作成後に、誰がいつ何回サイトに訪れたのか計測し、その結果によってメールなどの通知アクションを自動で送ることができます。

ランディングページの作成を考えている方や、マーケティングツールの導入を考えている方にHubspotはとてもオススメです。

Hubspotについて気になる方はお気軽に下記ボタンよりお問い合わせ下さい。

Hubspotゴールドパートナーとして、サポートさせて頂きます。

 

早速問い合わせてみる

 

まとめ

今回は、ランディングページについて、作成をするときの注意点について解説しました。

またランディングページ作成の際にオススメのツール(HubspotCMS)についても紹介しました。

Hubspot全般やHubspotCMSを使ったランディングページ作成に興味のある方がいましたら以下のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

どのような些細な疑問にもすぐにお答えします。

喜多村 悠矢
Posted by 喜多村 悠矢

セブのプログラミング学習シェアハウス「PROQ」でNADJAと出会い、マーケティング担当をしています。英語力を活かして、ブリッジSE業務も兼任しています。

Topics: HubSpot