開発・エンジニアリング・情報システム

make formerly integromat&Zapierの比較|どちらを導入すべき?違いを紹介

make formerly integromatとZapierを比較し、どういった方に導入していただくのがよいがをご紹介します。色々なiPaaSがありますが、中でも有名なZapierと、注目を集めているmake formerly integromatに絞り比較しています。お気軽にお問い合わせください。


make formerly integromat・Zapierとは?

make formerly integromat・Zapierはクラウド上で動くWebアプリツールiPaaSです。

iPaaSは「Integration Platform as a Service」が正式名称でアイパースと読みます。複数のアプリやシステム間でデータ連携を行うことが可能なクラウドサービス型のプラットフォームです。

詳しくは下記記事をご覧ください。

 

→iPaaSとは?iPaaSの基礎基本とツール選びの仕方を解説します

 

iPaaSは様々な用途に使うことができます。

普段の業務の自動化、効率化はもちろん、簡単なアプリまで作ってしまうことも可能です。

どちらのツールも同じiPaaSですが、様々な違いがあります。

今回の記事ではmake formerlyintegromatとZapierを比較し、違いについてご紹介します。

 

 

make formerly integromatについて

まずは、以下の記事でmake formerly integromatについて詳しくご紹介しているので、ご覧ください。

 

→Integromatを初めて使う方へ|初期設定の方法と簡単な事例を紹介します

 

make formerly integromatの特徴

make formerly integromatの特徴として下記があげられます。

・独特なUI

・分岐や繰り返し処理が可能

・ほぼ全てのアプリと連携可能

 

独特で分かりやすいUI

make formerly integromatは左から右に流れるようにフローを組んでいきます。

また、ドラック&ドロップでモジュール(※)を動かすことができ、見たまま設計が可能です。

例えばZapierだと、縦にフローを組んでいくので、沢山の処理があるとわけがわからなくなってしまいますね。

※モジュール:機能のまとまり。上記画像InstagramやSlackの1つの丸が1モジュールになります。

 

分岐や繰り返し処理が可能

make formerly integromatは他のiPaaSとは違い、条件分岐(プログラミングだとif文)や繰り返し処理(for文)を扱うことができます。

例えば下記のような条件分岐も可能です。

これは他のiPaaSでは出来ないのでmake formerly integromatならではですね。

 

ほぼすべてのアプリと連携できる

make formerly integromatはURLを呼び出すHTTPモジュールがあるのでmake former integromat上に登録されてないアプリでもJSON等と組み合わせるとAPI連携をすることができます。

ノーコードツールなので、プログラミングは必要ありません。

 

make formerly integromatの料金体系

make formerly integromatの料金体系は下記の通りです。

プランネーム

FREE

BASIC

STANDARD

BUSINESS

PLATINUM

CUSTOM

料金/月

$0 / 月

$9 / 月

$29 / 月

$99 / 月

$299 / 月

要相談

オペレーション数 1000回 10000回 40000回 150000回 800000回 800000回以上
データの転送数 100MB 1GB 20GB 70GB 220GB 220GB以上
最小間隔 15分 1分 1分 1分 1分 1分
 

参考: https://www.make.com/en/pricing

 

 

Zapierについて

続いてZapierについてご紹介します。

Zapierはアメリカ生まれの自動化ツールで、認知度も高い事からご存じの方は多いのではないでしょうか。

 

Zapierの特徴

Zapierの特徴として以下があげられます。

・連携しているアプリが多い

・使用している人口が多い

 

連携しているアプリが多い

Zapierは連携しているアプリが2000種類以上あり、iPaaSの中でも上位です。

Slackやchatworkはもちろん、Notionや、Airtableなどのツールとも連携しています。

上記で紹介したmake formerly integromatにも同じアプリの連携はもちろんありますが、make formerly integromatにはまだ無いが、Zapierにはある!といった内容があります。

make formerly integromatではHTTPモジュールを使って、連携していないアプリとも連携をすることは可能ですが、少しAPIなどの知識が必要になるため、自動化初心者の方にはオススメです。

 

使用している人口が多い

Zapierはmake formerly integromatと比べて使用している人口が多いため、ネットで検索すると沢山の情報があります。

例えば「Zapier Slack」と検索すると日本語でZapierとSlackに関する記事が出てくると思います。

日本語での記事も多いため、英語が苦手な人でも安心です。

 

Zapierの料金体系

Zapierの料金体系は以下の通りです。

プランネーム

Free

Starter

Professional

Team

Company

料金/月

$0 / 月

$19.99 / 月

$49 / 月

$299 / 月

$599 / 月

タスク数 100回 750回 2000回 500000回 1000000回
パターン数(Zap) 5 Zaps 20 Zaps 無制限 無制限 無制限

参考:https://zapier.com/pricing

 

 

make formerly integromatとZapierの違い

今回は私の視点でmake formerly integromatとZapierの比べて表にしてみました。

  make formerly integromat Zapier

操作性

見た目の分かりやすさ

料金

その他情報量

難易度(※1)

 

はじめての自動化・効率化であれば、すでに事例などが多いZapierだと導入しやすいのではないでしょうか。

しかし、すでにVBA等で自動化・効率化をやったことがあるという方や、自動化・効率化をもっと活用したい!という方はmake formerly integromatを少し触るだけで、「こんなに便利だとは・・・」と驚くこと間違いなしです!

※1:情報量の少なさや、すべて英語のページなので△としています。

 

 

まとめ

今回の記事ではiPaaSのmake formerly integromatとZapierを比較し、違いを紹介しました。

Zapierは使用人口が多く沢山の情報があるため、初めてのiPaaS導入の方にはオススメです。

逆にmake formerly integromatでは、複雑な処理ができることや、URLを呼び出すHTTPモジュールがあることから、「もっと自動化・効率化をしたい!」という方にオススメです。

弊社では、make formerly integromatの導入支援や、アプリ開発を承っております。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。