開発・エンジニアリング・情報システム

Integromatを初めて使う方へ|初期設定の方法と簡単な事例を紹介します

integromatの初期設定方法や、料金などを画像付きで分かりやすく解説しています。日本語でのサポートが少ないintegromatですが、この記事を見て是非導入してみてください。弊社ではintegromatの導入から開発までサポートしています。お気軽にお問い合わせください。


integromatはノーコードで動く業務自動化・効率化ツールです。今回はintegromatを導入しようという方へ導入方法や簡単な使い方をご紹介します。

 

integromat(インテグロマット)とは?

integromatとはクラウド上で動くWebアプリツールiPaaSの1つです。

iPaaSは「Integration Platform as a Service」が正式名称でアイパースと読みます。

複数のアプリやシステム間でデータ連携を行うことが可能なクラウドサービス型のプラットフォームです。

詳しくは下記記事をご覧ください。

 

→iPaaSとは?iPaaSの基礎基本とツール選びの仕方を解説します

 

integromatは連携できるサービスが多く、Webhook・JSONで拡張することができ、皆さんがお使いのGoogleスプレッドシートやSlackへの報告の作業なども自動化することができます。

integromatを使うためにかかるお金(料金)は?

integromatでは下記の表のような料金体系になっています。

プランネーム

FREE

BASIC

STANDARD

BUSINESS

PLATINUM

CUSTOM

料金/月

$0 / 月

$9 / 月

$29 / 月

$99 / 月

$299 / 月

要相談

オペレーション数 1000回 10000回 40000回 150000回 800000回 800000回以上
データの転送数 100MB 1GB 20GB 70GB 220GB 220GB以上
最小間隔 15分 1分 1分 1分 1分 1分

また詳細情報は下記の通りです。

  FREE BASIC STANDARD BUSINESS PLATINUM
Operations (※) 1,000 / 月 10,000 /月 40,000 / 月 150,000 / 月 800,000 / 月
Data transfer 100 MB / 月 1 GB / 月 20 GB / 月 70 GB / 月 220 GB / 月
Minimum interval  15 分 5 分 1 分 1 分 1 分
Maximum number of active scenarios 2 無制限 無制限 無制限 無制限
Scenario execution timeout 5 分 10 分 20 分 30 分 40 分
Internal data storage 1 MB 10 MB 40 MB 150 MB 500 MB
Max number of data stores 1 3 10 20 40
Max size of a single file 5 MB 30 MB 40 MB 50 MB 75 MB
Webhook queue size 10 100 1,000 10,000 10,000
Incomplete executions store 1 MB 10 MB 40 MB 150 MB 500 MB
Price per 10,000 extra operations or 10 GB of data transfer (Add-on) 該当なし $9 $8 $7 $5
Unlimited number of scenarios
Access to all premium apps  
Unlimited number of modules in a scenario
Customer support 限定 限定 優先 優先
Cooperation of multiple users  
Advanced scheduling   

参考: https://www.integromat.com/en/pricing

 

Operations について

integromatの料金システムにはOperations(オペレーション)というものが使用されています。

オペレーションとは、モジュールを実行する事です。

シナリオを実行すると、モジュールの右上に表示される吹き出し内の数がオペレーション数になります。

上記の画像のシナリオでは

「カレンダーの情報をすべて取得する」というモジュールで1オペレーション

「予定名と時間を使って動的な文章を作る」というモジュールで1オペレーション

「指定したチャンネルに投稿する」というモジュールで1オペレーション

合計で3オペレーションのシナリオになります。

参考:https://www.integromat.com/en/help/counting-the-number-of-operations

 

integromatの導入(初期設定)方法

integromatの導入方法は以下の手順を参考にしてください。

integromatのサイトは全て英語でかかれているため、難しいかもしれませんが、Chromeブラウザだと自動翻訳機能が使えるので是非ご活用ください!

 

STEP1

https://www.integromat.com/en

integromatのサイトにアクセスします。

 

STEP2

「Get started - it’s free!」をクリックします。

 

STEP3

登録情報を入力し「SIGN UP FOR FREE」をクリックします。

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード

 

を入力し、チェックボックスにチェックをしてください。

Google、Facebook、GitHubのアカウントでも登録できます。

 

STEP4

入力したメールアドレスに届く認証メールを確認します。

Google、Facebook、GitHubで登録した場合メールは届きませんので注意してください。

 

STEP5

質問の内容を入力します

 

  • 会社概要
  • 会社内での自身の立場
  • 会社規模
  • コーディングスキルのレベル

を入力し、「CONTINUE」をクリックします。

 

STEP6

下記のような画面になれば初期設定完了です!

 

「Let’s go!」をクリックすると簡単なチュートリアルが出来るので是非試してみてくださいね!

 

integromatを使った例(自動化事例を作ってみよう)

integromatを使った例として株式会社NADJAでは日報を自動化しています。

初期設定を済ませたあとはさっそくintegromatを使って自動化事例を作ってみましょう。

 

→Integromat事例集|ノーコードでGoogleカレンダーの予定をSlackに自動投稿する方法

 

まとめ

今回はintegromatを導入する方や、はじめて使う方に向けて初期設定の方法をご紹介しました。

・自動化って何すればいいんだろう?

・integromatを導入したけど使い方がいまいち分からない…

・初期設定を上記の通り行ったけど上手くいかなかった…

などお困りの方はお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください!

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。