開発・エンジニアリング・情報システム

長いURLを短くしよう|「短縮」URLの作り方を解説

長いURLをそのままチャットで送ったり、SNSに投稿していませんか? 長いURLだと、せっかく丁寧に投稿をしていても、開いてもらえなかったり、他の文章まで見づらくなってしまいます。 そこで、今回はURLを短縮する方法についてと、大量に短縮URLを作成する場合に、それを自動化する方法について紹介していきます。


皆さんはURLを共有する時どのように共有していますか?

長いURLもそのままチャットで送ったり、SNSに投稿していませんか?

あまりにも長いURLだと、せっかく丁寧に情報共有をしていても、開いてもらえなかったり、他の文章まで整って見えなくなってしまいます。

そこで、今回はURLを短縮する方法についてと、大量に短縮URLを作成する場合に、それを自動化する方法について紹介していきます。

 

 

短縮URLとは

長いURLを短くできる

Amazonの商品のリンクなどを取得するときに、とても長くなっているのを見たことがありませんか?

例えば、Amazonである商品(AppleのMacBook)のリンクを取得してみると、以下のようにととても長いリンクになってしまいます。

https://www.amazon.co.jp/2020-Apple-MacBook-Chip-256GB/dp/B08N6LR285/ref=sr_1_1_sspa?crid=IW4QXP6PW2W5&dchild=1&keywords=MacBook&qid=1635387158&sprefix=macbook%2Caps%2C197&sr=8-1-spons&psc=1&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUEyWVdFV1NOOEY0RlFVJmVuY3J5cHRlZElkPUEwMDgyMzQ1STZNRFBOUjRJRDBJJmVuY3J5cHRlZEFkSWQ9QTEwSVJBTzZDWFhGNlImd2lkZ2V0TmFtZT1zcF9hdGYmYWN0aW9uPWNsaWNrUmVkaXJlY3QmZG9Ob3RMb2dDbGljaz10cnVl

しかし、短縮URLで短縮してみると、以下のようにとても短くなります。

amzn.to/3ny9u6A

 

アクセス解析が可能

こちらはBitlyという短縮URL作成ツールを使った例ですが、以下の数値情報が取得可能で、グラフにして表示してくれます。

 

分かること

・何時にクリックされたか

・どこの国からクリックされたか

・南海クリックされたのか

・何人からクリックされたのか

 

短縮URLツールの紹介

短縮URLを作成できるサイトやツールはいくつかあるので、そちらを紹介していきます。

 

Bitly

一つ目に紹介するのはBitlyです。

多くのURL短縮ツールの中でも、個人的に一番目にするのが、こちらのBitlyです。

先ほどの例の通り、URLを短縮するだけではなく、クリックデータの解析も可能です。

そのため、SNSなどでリンクを拡散した時に、何時に何回クリックされたのかわかるのでとても便利です。

 

Twitter、LinkedInなどのSNS

多くのSNSではリンクを投稿した際に、自動的にリンクを短縮した形で表示してくれるものが多いです。

実際、LinkedInやTwitterでとても長いURLをあまり見かけないのは、自動的にURLを短縮してくれているからです。

 

HubSpot

HubspotはCRMツール(顧客管理ツール)の1つです。

URLを短縮するだけではなく、クリックデータを取得し、マーケティング活動に活かしたいという方には、特におすすめです。

Hubspotの数ある機能の内の一つに、「トラッキングURL」という機能があります。

この機能を使うと、Bitlyと同様に、クリックした人のデータを取得し、マーケティングの効果を分析できます。

Bitlyよりも優れている点の1つとして、Hubspotでは顧客管理機能と連携が可能で、顧客の内誰が何時にどのリンクを何回クリックしたかという情報まで分かります。

そのため、顧客が自社の商品ページを何度も閲覧していることがわかったら、次回の定例ミーティングで商品紹介を行い、受注率を上げることも可能です。

 

 

短縮URLの一斉作成

1つのURLを短縮したい場合は上記のツールを使って、手動でURLを入力できると思います。

しかし、商品数が多かったり、多くのURLをリストにして共有したい場合は、1つ1つ長いURLを入力して、短縮URLを生成して、コピペ作業をするのはとても大変だと思います。

そこで、Integromatというノーコードツールを使った短縮URLを自動生成する方法があります。

 

※Integromatの概要については以下の記事を参考にしてください。

Integromat(インテグロマット)とは?使い方やAPIなどを解説【万能すぎる自動化ツール】

HubspotとIntegromatを組み合わせることで生まれる自動化の新たな可能性とは【事例あり】

【会計ソフトfreee(フリー)×Integromat】勤怠管理・見積書/請求書作成を自動化する方法

 

Integromatを使った短縮URLの自動生成に興味がある方は以下のShopより自動化をご購入下さい。

※短縮URLの自動化依頼について

自動化本舗

 

まとめ

このように、短縮URLを使うことで、URLをスッキリ見せることができるだけではなく、クリックのデータも取得できます。

マーケティングの一環でURLを発信する時は、データをマーケティング戦略策定に活かしていきましょう。

短縮URLの自動生成に興味がある方は以下のリンクより、Integromatを使った自動化システムを購入することができます。

他にも数多くの自動化システムを販売しているのでぜひご覧ください。

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。