HubSpot

HubSpot使用者必見|サービス連携と開発でHubSpotを使いこなそう!

現在多くの企業でマーケティングのSaaSツールを導入し、マーケティングの成果向上やマーケティングの自動化を目標にしていると思います。 そこで、今回は多くのマーケティングツールの中でHubSpotというツールについて紹介します。


現在多くの企業でマーケティングのSaaSツールを導入し、マーケティングの成果向上やマーケティングの自動化を目標にしていると思います。

そこで、今回は多くのマーケティングツールの中でHubSpotというツールについて紹介します。

HubSpotとは?

HubSpot公式サイト

HubSpotはマーケティングオートメーションツールを言われており、企業が行う様々なマーケティングの施策を支援し、代わりに実行する役割を担っています。

HubSpotは大きく以下の5つの機能で構成されています。

  • Sales Hub
  • Marketing Hub
  • CMS Hub
  • Service Hub
  • Operations Hub

 

Sales Hub

Sales Hubマーケティング分野の中でも特に営業支援に特化した機能を集めています。

今までの営業のイメージだと、営業のために多くの企業や個人に直接訪問したり、電話番号のリストの顧客すべてに営業の電話をしていたと思います。

しかし、Sales Hubを使うことで、電話番号のリストの中でも過去のウェブサイトの訪問履歴や問い合わせの回数・内容から最も商品を購入してくれる可能性が高い顧客を自動で抽出することができます。

この機能は電話だけでなく、メールやオンラインミーティングにも活用することができるため、顧客それぞれに合った最適な営業を行い、最も効率よく顧客を購買に導くことができます。

日程調整がどれほど効率化できるのかについてはこちらで紹介しています

 

→HubSpotでZoom連携|ミーティングリンク機能で日程調整をすべて自動化

 

このような営業活用を支援する機能を豊富に揃えたパッケージをSales Hubと言います。

特に営業支援ツールとして有名なSalesforceとの違いについては以下のブログで詳しく紹介しています。

 

→HubSpotとSalesforceの連携によって営業成績改善を実現しよう

 

Marketing Hub

Marketing Hubではマーケティングに必要な多くの機能を備えています。

ランディングページを作成できる機能とそこからの問い合わせを受け取るためのフォーム機能、ランディングページへのアクセス数を増やすためのSEOサポート機能・広告トラッキング機能・SNS管理機能が含まれます。

つまり、ランディングページを作成して、そのページに集客し、発注を頂くまでのフローに関わる機能が集約されています。

さらに、集客から発注までの導線以外に、導線を通っていく過程のデータをすべて自動で取得し、データをまとめ分析までMarketing Hubが実行してくれます。

 

CMS Hub

CMSとはコンテンツマネジメントシステムで、Webサイトの作成と運用ができる機能です。

CMSHubではマーケティング担当者でも簡単にWebサイトを作成し、CRM機能との連携や多言語でのWebサイト作成までできるようになっています。

その秘訣は、デザインが決まったテンプレートをHubSpotが数多く用意しており、それらに画像やテキスト、ロゴを当てはめることで誰でもWebサイト作成ができるようにしています。

 

→HubSpotCMSとは?テンプレートを使ってマーケターもWebサイト作成ができます

 

決められたデザインをHubSpot CMS Hubで開発したいような場合は、モジュールというWebサイトのパーツを開発し、それをWebサイトに配置することで作成することができます。

Webサイトの開発やCMSについての詳しい記事は以下の記事をご覧ください。

 

→HubSpotCMSとは?マーケターでもWebサイト作成できてしまう便利ツール

→HubSpot CMSへの移行:Webサイトを引っ越し(移行)するためのステップバイステップガイド

 

Service Hub

Service Hubは主に顧客のデータを細かく管理し、顧客とのコミュニケーションを最適化する機能が含まれています。

顧客ごとに、会社名、前回の問い合わせ内容、進捗、社内の担当者の割り当て、ホームページの訪問回数、知り合った方法、などのデフォルトの情報に加えて、好きな値を作成し、追加することもできます。

そのため、オンラインストアを運営している方であれば、発送の状況のような項目を追加し、美容院であれば、好きな髪形などを登録できるカスタム項目を設定することができます。

このように、顧客データを整理し、社内で共有することで、顧客とのコミュニケーションを大幅に改善することができます。

 

Operations Hub

Operations Hubは最近新しく追加された機能で、プログラミングの知識がなくても、ほかのアプリとの同期や業務の自動化を作成することができます。

これは顧客のデータ管理やメールの送信などHubSpotだけでなく、別のツールも併せて使用しているときに便利な機能です。

例えば、メール配信にはMailchimpを使っていて、メールを配信する顧客の情報とメールアドレスはHubSpotで管理している場合にOperations Hubを使うことで同じ顧客データを共有することができるようになります。

 

このようにHubSpotでは5つの大きな機能のパッケージがあり使いたいパッケージのみを契約したり、すべてまとめて契約することもできます。

新たなツールの導入をするためには他部署の協力や初期設定を適切に行う必要があります。

株式会社NADJAではHubSpotの導入支援と導入後のサポート、部分的な開発などを支援していますので、気になる点がございましたらぜひお問い合わせください。

 

早速問い合わせてみる

 

HubSpot CMSをさらに詳しく紹介!

HubSpot CMS Hub

先ほどの説明でHubSpot CMSの大まかな機能については把握できたと思います。

しかし、現在数多くあるCMSの中でHubSpotのCMSはどのようなメリットがあり、他のCMSとどのような違いがあるのか疑問に感じると思います。

特にWebサイトを作るときに多く使用されているWordpressとの違いについては以下の記事で詳しく紹介しているので、ご覧ください。

 

→HubSpot vs Wordpress!両者を比較しメリット・デメリットを紹介します

 

HubSpot CMSで最適なテンプレートがなかったり、テキストや画像がの表示方法をカスタマイズしたいときには、HubSpotの開発を行う必要があります。

HubSpotでは独自のプログラミング言語のHubLという言語が使われているため、開発を行うにはHubSpotのパートナーなど知見が豊富な専門家に依頼した方が素早く、確実に開発を行うことができます。

 

→HubSpotの独自言語HubLとは?プログラムの仕組みを簡単に解説します

 

 

HubSpotCMSで実現できるデザインとは?

HubSpot CMSはマーケティング担当者でもWebサイトが簡単に編集できることに強みを持っているため、1ミリ単位で用意したデザインと全く同じにすることは難しいです。

しかし、HubSpotの開発はモジュールという単位で開発を行っているため、Webサイトをセクションごとに切り分けて、それぞれのパーツに画像を追加したり、テキストを変更したりできるように開発することは可能です。

そして、その開発は、HubLを使って記述していきます。

つまり、指定のデザインに限りなく近いデザインで開発し、そのデザインを後からマーケティング担当者が画像やテキストのようなコンテンツを変更できる状態にすることができます。

 

 

まとめ

HubSpotではマーケティングに関する多くの機能で構成されており、それらが5つのHubというパッケージに分けられています。

基本的にHubSpotはマーケティング担当者がすべて操作し、運用していくことを目的としているため、初期設定や最初のWebサイト作成には一部開発が必要な場合もあります。

開発を行うことで理想的なデザインや機能を付与しさらに高度な連携も実現できるようになります。

HubSpotとの連携ができるサービスや方法については以下のブログで紹介しています。

 

→HubSpotAPIを使ってできることとは?外部とのやり取りに必須なAPIの基本を紹介

→HubSpotで使用可能なAPIの機能をまとめました

 

このようにHubSpotでは多くの機能があり、開発を行うことでさらに機能を付与することができます。

HubSpotの活用方法、レクチャー、開発についてご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

  

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。