開発・エンジニアリング・情報システム

デジタルトランスフォーメーションとは?!その基礎知識を解説していきます。

昨今、良く耳にするDX‐デジタルトランスフォーメーションという用語ですが、その意味や目的を詳しく解説致します。


皆様は昨今、話題になっているDX‐デジタルトランスフォーメーション‐について充分な知識をお持ちでしょうか?

まだ不明点が多く、これから学ばれる方へ、

今回は必要な知識を解説していきます。

 

 

【目次】

1.デジタルトランスフォーメーションとは何か、なぜそれに関心を持つべきなのか

2.デジタルトランスフォーメーションのメリット

3.デジタルトランスフォーメーションを成功させるために必要な変革の実行方法

4.デジタルトランスフォーメーションを行わない場合のコスト

5.デジタルトランスフォーメーションという未知の世界への旅を始める前に、準備が整うまで待っていてはいけない理由

6.デジタルトランスフォーメーションの未来

7.まとめ

 

⇒早速問い合わせてみる

 

 

1.デジタルトランスフォーメーションとは何か、なぜそれに関心を持つべきなのか

 

最近、「デジタルトランスフォーメーション」という言葉がよく使われています。

これは何を意味するのでしょうか?懸念すべきことなのか、そうでないのか。

この記事では、デジタルトランスフォーメーションとは何か、なぜ関心を持つ必要があるのかを解説致します。

デジタルトランスフォーメーションは、ここ数年でよく使われるようになった言葉ですが、デジタルトランスフォーメーションを理解するためには、まず情報技術(IT)の意味を理解する必要があります。

そもそもITとは、「information technology」の略で(国際的にはICT「information and communication technology情報通信技術」の方が広く使われている)ビジネスまたは個人的な目的のために使用される、独自のソフトウェアを備えたあらゆる技術的デバイスまたはシステムのことです。

これには、コンピューター、スマートフォン、タブレット、プリンターなど、あらゆるものが含まれます。ITの要点は、手動で行うと時間がかかったり困難だったりするプロセスを自動化することで、生活を楽にすることにあります。デジタルトランスフォーメーションとは、組織が古いテクノロジーから新しいテクノロジーへと全面的に移行することです。

     

 

2.デジタルトランスフォーメーションのメリット 

 

デジタルトランスフォーメーションは、効率性を高め、プロセスをより効果的にするための手段と考えられがちです。確かにその通りですが、企業をデジタル化することで得られるメリットは他にもあります。

そのようなメリットを3つご紹介します。

1つ目は、電子記録によってデータの検索と分析が容易になり、意思決定が改善されること。

2つ目は、デジタルツールを活用することで、新しい方法で顧客とのつながりを築くことができること。

最後に、タスクを自動化することで、従業員の時間をより価値の高い活動に集中させることができます。

 

3.デジタルトランスフォーメーションを成功させるために必要な変革の実行方法

 

デジタルトランスフォーメーションは、企業が将来的に成功するために最も重要な取り組みの1つです。

しかし、デジタルトランスフォーメーションを成功させるために必要な変化を起こすのは難しいことです。

ここでは、必要な変革を行い、成功を収めるためのヒントをご紹介します。 

デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、まず自社の現状を把握し、改善すべき点を特定する必要があります。

改善が必要な領域を特定したら、その欠陥にどのように対処するかを詳細に記した行動計画を作成する必要があります。多くの場合、この計画では、既存のビジネスプロセスの変更や新しいテクノロジーソリューションの導入が必要になります。

 

     

4.デジタルトランスフォーメーションを行わない場合のコスト 

 

デジタルトランスフォーメーションを行わないことによるコストは、顧客の喪失です。テクノロジーの変化に追いつくためにやらないことが多いほど、企業の競争力は低下します。

最近の調査では、約60%の企業がデジタル・オペレーションの変革を行っていないことがわかりました。やっていない理由としては、主に以下の4つが挙げられます。 

1)リソースの不足、2)知識の不足、3)未知への恐れ、4)緊急性の欠如。 

さらに、これらの企業は、デジタルでビジネスを変革する方法を自分たちよりもよく理解している新たな競合企業の参入を心配しなければなりません。それは小さなスタートアップかもしれないし、すでにこのコンセプトを理解している大企業かもしれない。いずれにしても、変化を拒んでいる企業との大きなギャップによって、彼らは優位に立つことができるだろう。変革を検討している企業は、遅れをとる前に、リスクを考慮して、今すぐ変革を行うことが重要です。

 

5.デジタルトランスフォーメーションという未知の世界への旅を始める前に、準備が整うまで待っていてはいけない理由

 

デジタルトランスフォーメーションという未知の世界への旅は、可能性に満ちていると同時に、リスクもあります。準備が整うまで待たずにこの旅を始めることが重要です。

なぜなら、少しの計画を立てるだけで、あなたのビジネスが成功するチャンスは無数にあるからです。

デジタルトランスフォーメーションという新しい波によって、ビジネスの世界は急速に変化しています。

もはや、新しいテクノロジーを追加して、その使い方を工夫するだけではなく、持続的な競争優位性を生み出すために、利用可能なあらゆるリソースを活用することが求められています。

単に効率を上げたり、より良いサービスを提供することが目的ではなく、データや情報を企業の最も貴重な資産として活用することに焦点を当てています。

この変化に対応し、競合他社よりも優位に立ちたいと考えている人にとっては、今がデジタルトランスフォーメーションという未知の世界への旅を始める絶好の機会となるでしょう。

    

 

 

6.デジタルトランスフォーメーションの未来

 

デジタルトランスフォーメーションの未来は、ポジティブなものもネガティブなものも含めて、数多くの変化をもたらすことになるでしょう。テクノロジーの指数関数的な成長に伴い、変化のスピードはこれまでにないものになると予想されます。自動化によって生み出される仕事よりも、自動化によって追い出される仕事の方が多いため、失業率の上昇にもつながるでしょう。

また、デジタルトランスフォーメーションは単なるバズワードではなく、未来の姿です。

デジタルの世界は、私たちがビジネスを行い、お互いに交流し、生活する方法を変えてきましたし、これからも変えていくでしょう。

今日の市場で競争力を維持するためには、この変化に備える必要があります。  企業は、時代の先端を行くために、AIや機械学習などの新しいテクノロジーを、手遅れになる前に既存の企業文化に統合する方法を検討する必要があるでしょう

 

7.まとめ

 

如何でしょうか。

デジタルトランスフォーメーションを企業で進めていくにあたってのお得な補助金や税制も政府から発表されています。

弊社では、企業のDX化‐デジタルトランスフォーメーション‐に向けて様々なサポートさせて頂いております。

不明点・ご相談ございましたら、いつでもご連絡お待ちしております。

 

早速問い合わせてみる

 

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。