人事・HR・組織

産業界におけるデジタルトランスフォーメーションの重要性

ハーバード・ビジネス・レビューの最新調査によると、2018年には約1. 3兆米ドルがデジタルトランスフォーメーションに投資されました。残念ながら、この支出の大部分は、「変化に対する準備が整っていないために失敗する企業の取り組みに浪費される」で終わっています。


ハーバード・ビジネス・レビューの最新調査によると、2018年には約1. 3兆米ドルがデジタルトランスフォーメーションに投資されました。残念ながら、この支出の大部分は、「変化に対する準備が整っていないために失敗する企業の取り組みに浪費される」で終わっています。デジタルトランスフォーメーションは、単なる設備投資ではなく、戦略の策定、実行、それに伴う課題と機会への対処が必要です。デジタルトランスフォーメーションに関する経験やスキルは、今やほぼすべての企業の戦略プランに必要なものとなっています。

イノベーションとディスラプション
デジタルトランスフォーメーションの2本柱

業界におけるデジタルトランスフォーメーションの2本柱は、イノベーションとディスラプションです。

ディスラプション(disruption)は聞きなれないと思いますが、破裂や崩壊を意味する言葉です。 イノベーションとセットで破壊と創造のような意味合いで使われることが多いようです。

企業は、業界の変化に気を配り、新しいビジネスモデルを遂行するために、適切な人材を数えるとともに、既存の人材を育成・維持する必要があります。

今日のビジネス環境には、一瞬で方向性が変わってしまうような力のある情報があふれています。こうした理由から、このような変革のインパクトを保持するには、一般的に、メンタリティと行動を大きく変える必要があります。


デジタル・トランスフォーメーションは産業界にとって何を意味するのか?


デジタルトランスフォーメーションとは、プロセス、製品、資産にデジタル機能を適用し、効率性を高め、顧客価値を高め、リスクを管理し、新たな収益創出の機会をナビゲートすることである。この変革はグローバルに行われるため、社内業務と営業、マーケティング、サポート活動などの社外業務の両方にデジタル技術を導入する必要があります。この変革に対応するためには、企業活動のあり方を根本的に変え、企業文化の変化を受け入れ、現状を見直すことが必要です。

デジタル技術を活用した人材と能力は、新たなビジネス戦略を実現するための鍵になります。アクセンチュアの調査は、「企業が変化し続ける世界で成功するためには、無限の適応力を持ち、本質的に人間的なシステムが必要である」と主張し、これを裏付けています。

この研究では、企業がアプリケーション、インフラ、従業員を独立した存在として見るのをやめ、それらを横断的に捉え、相互に関連するシステムとして考えることを推奨しており、インダストリー5.0という言葉が生まれました。

戦略の核となるのは顧客です。今日、パーソナライゼーションが消費に大きな役割を果たしており、誰にでも同じものを作っても、もはや売れません。顧客のニーズを満たすために製品を適合させなければなりません。そうすることで、企業は顧客の注目を集め、コンバージョンやロイヤリティを促進することができるのです。さらに、人工知能やクロスデバイス接続などの最新のツールにより、企業は製品のカスタマイズを自動化し、リモートでタスクを実行することも可能です。このようにして、重要な設備は稼働し続け、生産システムはバーチャルに制御されるのです。

産業企業のデジタルトランスフォーメーション

テクノロジーは人々の生活を向上させるだけでなく、多くの分野で仕事を容易にしています。デジタルトランスフォーメーションは、組織が新たな顧客需要に対応し、未来に向かって生き残るために役立ちます。テクノロジーの進化に応じて常に変化する経済環境の中で、企業はより良い競争をすることができるようになります。デジタル転換を適切に管理することで、企業は業務上および生産上の利点を活用することができるようになります。

私たちが暮らすポスト・パンデミックの状況は、デジタルシフトの考え方へと移行しています。成功する企業は、人々の生活を促進、または補完するスマートな体験とカスタマージャーニーを創造する企業でしょう。失敗するのは、新しいAI技術の恩恵を受けようとせず、データを活用して需要の傾向を予測し、労働力を改善するような意思決定をしない企業でしょう。

 

産業界のデジタルトランスフォーメーションがもたらす10のメリット

産業界におけるデジタルトランスフォーメーションは、新しい技術、スキル、収入源をもたらす実践と方法を組み合わせる機会を提供します。ここでは、その主なメリットをご紹介します。

  1. プロセスにおける時間短縮の結果、コストが削減されます。
  2. モビリティと遠隔通信の促進による生産の分散化。
  3. 業務効率と生産性の向上
  4. 新しいビジネスチャンスと収益源を開拓し、新しい製品やサービスの創造を可能にします。
  5. 市場の需要変化への対応スピードが向上する。
  6. 製造する製品の品質を高めることができるため、企業の競争優位を生み出します。
  7. イノベーションの文化を推進し、あらゆる混乱を予測するための準備を整えることができま
    す。
  8. 部門間のコミュニケーションを円滑にすることで、統合と社内のコラボレーションを向上させます。
  9. データ分析(ビッグデータ)の深化により、意思決定が強化される。
  10. システムの認知度を高め、専門家の関心を呼び起こすことで、新たな才能を惹きつけます

 

デジタルトランスフォーメーション、それは未来への扉

デジタル化はビジネスを改革し、独自の競争優位を獲得していますが、企業は現在のビジネスモデルを変更する時期が来ても、依然として躊躇しています。デジタルトランスフォーメーションは、近年、多くのトップマネジメントにとって一種のスローガンとなっています。ガートナーの調査によると、企業の戦略担当者の79%が、新たな収益源を生み出すためにビジネスのデジタル化を進めていると主張しています。しかし、これまでのところ変化は緩慢で、移行したと主張する企業のうち、デジタル・イニシアチブを戦略の中核に据えているのは半数以下です。

私たちは、デジタルで、グローバルで、高度に連携されたな世界に住んでおり、社会的・技術的なレベルでの変化を特徴とし、市場における新しいプレーヤーの継続的な出現、継続性が大きな影響を及ぼしています。

今日、デジタルトランスフォーメーションはオプションではなく、快適な環境から抜け出し、自らを改革し、技術の進歩で溢れかえるこの世界で競争することが必要なのです。

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。