開発・エンジニアリング・情報システム

API通信の神髄~レガシーシステムとは?~|DXを始めるに当たって読むべき記事③

ネット通信とは!?-RPA、iPaaS、コーディングを用いて日々自動化を開発するエンジニアが解説します。DXに興味がある方はに読んでいただけると仕組みを理解できます。そうすればより成功に近づくと考えております。


レガシーなシステムは今後拡張を考えた時に足を引っ張る可能性があります。

「DXをしなくちゃいけない。」
「ITだ、ロボットだ、自動化だ。」
「RPAというものがあるらしい。名前にロボットがついてるから、ロボット的なものが何かやってくれるんだろう」

DXを目論んだ時に、こんな流れでRPAやiPaaSに興味を持つ方が案外多いのではないでしょうか。

弊社では、

iPaaSって何?

と聞かれた時のアンサーの一つとして、このブログではネット通信について解説することで翻ってAPIとは何かAPIを利用した連携開発の利点iPaaSの良さといった順で解説していきたいと思います。

それがひいてはDXの成功に繋がると信じて。

この記事はネット通信解説シリーズの第③段になります。

第①段はこちら
第②段はこちら

API通信は情報の"取得"だけじゃなくて"更新"もできる


前回の記事JSON文字を使ったAPI通信によって自動化開発が圧倒的に楽になると説明させていただきました。

情報の取得については、Webスクレーピングでもある程度できるでしょう。

では、情報の更新となるとどうでしょうか

普段のウェブ画面で更新をするには、みなさんが普段やっている通り、
ログイン→ボタンをクリック→繰り返し?→必要な箇所に必要な文字を入力・・・

これをスクレーピングの技術でやることも可能といえば可能です。取得の例と同じように入力箇所やボタンなどのHTMLタグを手繰っていくことになります。

が、一大プログラムになることは間違いないでしょう。そして、こちらもデザインが変われば、プログラムもその都度調整していくことになります。

ところが、APIがあると更新するのはずっと簡単です。試しに、GoogleのAPIお試しツールでスプレッドシートを更新してみます。

PUTリクエスト
スプレッドシートのスクショ

結果

このように、API通信では指定されたの形のJSON文字をサービスプロバイダーに渡すだけで更新をしてくれます。

画像マッチングによる自動化の恐ろしさ

ここで、筆者のRPAによる開発で味わった苦い実体験を共有させていただこうと思います。

とある会社の基幹システムに毎朝アクセスしてCSVをダウンロードし、それを別のシステムに反映させる、というPC操作のフローの自動化をRPAで開発しました。

ある日、エラーが起きていて、原因を確認したところ、なんと、デスクトップの背景が自動で変わっていたために、「基幹システムのアプリケーションのアイコンをダブルクリックする」という操作に失敗していたのです。

もちろんこういったエラーを回避する方法はいくつかありるのは後で学んだのですが、同様な失敗は例えば「アプリケーションのロゴが変更された」、「アイコンの位置が変わった」というだけで起こり得るものです。

APIファーストとレガシーシステム

サービスを作っていく、使っていくに当たって検討する際に「APIファースト」ということを言われます。

つまり、人の画面操作よりもプログラムによるAPI通信でサービスを使うに当たっての全てができることがまず大事という考え方です。

逆に言えば、人の操作やスクレーピング技術でしか操作できないようなサービスは使わないでおこうという意味にもなります。そういった現状の要件レベルに合わない、遅れたようなサービスは「レガシーシステム」と呼ばれたりもします。

画像マッチングやHTMLを手繰り寄せる自動化が主な古いタイプのRPAは、極論を言えば「自動化はしたい」けれども「レガシーシステムを捨ててAPIのある新しいシステムにどうしても移行できない」ような事情がある企業のためのもの、移行までの「時間稼ぎ」のためにある、と言えるかもしれません。

少なくとも、そういった特殊な事情を持たない企業が、5年10年を見越して集中的に投資をする対象ではない、というのは言い過ぎでしょうか?

まとめ

今回の記事のまとめは、「APIファースト」

これとあえて過激な言い方をすると「レガシーを捨てろ!」につきます。

SaaS管理のサービスであるメタップスクラウド様の2020年12月時点での調査によると、

国内の企業1社あたりのSaaSの利用数は、8.7個

アメリカ国内の平均SaaS利用数は、80個という調査結果もあり・・・

その調査の中にある5年前のアメリカ国内のSaaS平均利用数と現在の日本国内で利用されているSaaS利用数が同等となっている。 

とのこと。

つまり、今後国内企業で益々SaaSの利用が拡大することが予測されています。

そんな中で、利用するサービスを選定する際のキーワードとしてぜひ覚えてください。

 

次回の記事では、いよいよiPaaSに触れていきたいと思います。
実はRPAでもAPI通信ができるものもありますが、現段階だと弊社ではiPaaSの方を触ることが多いのです。圧倒的に簡単で、クラウド上で自動化するのに適していることを更に更にご紹介していきたいと思います。

次回の記事はこちら(準備中)

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。