開発・エンジニアリング・情報システム

IT初心者でも分かる!ソフトウェア開発の手法4種類をわかりやすく徹底解説!

ソフトウェア開発の手法にはいくつか種類があり、それぞれプロジェクトのスケジュールの立て方や実際の進め方など違いがあります。 この記事では、ソフトウェア開発の手法として主に用いられる、 ・ウォーターフォール ・アジャイル ・プロトタイプ ・スパイラル の4種類の開発手法の特徴についてご紹介いたします。


ソフトウェア開発の手法にはいくつか種類があり、それぞれプロジェクトのスケジュールの立て方や実際の進め方など違いがあります。

この記事では、ソフトウェア開発の手法として主に用いられる、

  • ウォーターフォール
  • アジャイル
  • プロトタイプ
  • スパイラル

の4種類の開発手法の特徴についてご紹介いたします。

具体的な業務フローについてはこちら(https://blog.nadja.biz/software-development-flow)の記事を御覧ください。

ウォーターウォール開発

godafoss-waterfall-滝の写真

 

プロジェクトを「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「プログラミング」「テスト」といった工程に分け、一つの工程が終わるまで次の工程に進まないという特徴を持った手法です。

 

前工程の品質を確保しながら進めるため、進捗管理や万が一の手戻りを最小限にできるという特徴があり、大規模な開発プロジェクトでは採用されるケースが多いです。

 

また、従来から日本企業において採用されてきた開発手法であるため、多くのエンジニアがウォーターフォール開発に対応することができ、導入が容易であるという点も、大きな特徴と言えるでしょう。

 

アジャイル開発

software-engineers-working-on-project-ソフトウェア開発者が働いている写真

 

アジャイル開発は、「途中変更がある」という前提のもとプロジェクトを進める手法です。

具体的な進め方としては、「要件定義」を最低限にとどめ、イテレーション(反復)と呼ばれる単位で「設計」「プログラミング」「テスト」を小さく繰り返しながら、プロジェクトを進めます。このイテレーションを繰り返すことで、不具合や当初想定していなかった要望などにも柔軟に対応可能となる点が特徴です。

ユーザーの要望を取り入れやすく、手戻りの際の工数削減が実現しやすい開発手法となっています。

 

プロトタイプ開発

using-futuristic-technology-3Dプリンタでプロトタイプを制作

 

プロトタイプ開発はその名の通り、簡単な試作品を元に製品のイメージを最初に固めることで、開発工数の削減を狙う開発手法です。

どの手法においても要件定義はユーザーと共に実施しますが、実物があることでユーザーはより明確にイメージを沸かせることができるため、機能などの要不要を高精度で判断することが可能になります。

ユーザーの意見を高頻度で取り入れつつ開発を進める形になるため、スケジューリングや作業工数の見積もりなどが困難になりがちではありますが、仕様変更等に柔軟に対応することが可能な開発手法となっています。

スパイラル開発について

downward-spiraling-staircase-螺旋階段の写真

 

スパイラル開発は、アジャイル開発のイテレーションのように小さな単位を繰り返す開発手法ですが、「設計」「プログラミング」「テスト」のあとに「プロトタイプ作成」を含めた単位で繰り返していく点に違いがあり、アジャイルとプロトタイプのメリットをかけ合わせたような開発手法となっております。

アジャイル開発同様、最初に厳密に型を決めきらないまま進めていくため、スケジューリングや仕様変更などに対応しやすい点で重宝されますが、ユーザーの要望をどこまで取り入れるかを慎重に決めないと、

開発側の負担が重くなるなどの懸念点もあります。

自社に最適なソフトウェア開発手法を取り入れましょう!

ソフトウェア開発にはいくつか種類があること、それぞれの特徴についてご説明しました。

開発プロジェクトの特性に応じた開発手法をご選択いただくことで、プロジェクトの失敗リスクを軽減することができます。

また、会社風土、開発メンバーのスキルなどに応じて、どの手法が自社にとって最適かは異なってきます。

それぞれの開発手法のメリットやデメリットを把握し、自社に一番フィットする開発手法をお選びいただくことで、開発プロジェクトの成功につながると思います。

 

 

Similar posts

メールマガジンに登録して最新の情報をゲットしよう。