BLOG

失敗しないためにWeb開発者に尋ねるべき10個の質問

on 20/03/11 7:00

あなたのお金を無駄にしないためにも、あなたがウェブ開発者に発注する前に確認しておくべきいくつかの質問があります。この記事の内容を把握しておくことで開発に置ける失敗の可能性は劇的に下がるでしょう。

▼Web開発者ができることは何かを把握する

▼自分でできることは何かを把握する

上記を把握するために適切な質問をすることです。

もしあなたが新しいウェブサイトのデベロッパーを探している場合でも、すでに何度か仕事したことあるデベロッパーのことを知りたい場合でも、下記の質問をして試してみてください。


1、自社でウェブサイトを所有することになりますか?

これは、Webサイト開発者に尋ねるとても重要な質問です。他の質問として下記があります。
「私のウェブサイトはポータルサイトですか?」
「ウェブサイトを別の会社に移したい場合の費用は?」
「あなたの会社が倒産した場合、私のウェブサイトはどうなりますか?」
などです。

よくある格安ウェブサイト制作には自社のポータルサイトの中にあなたのウェブサイトを作成することを提案する企業があります。サイト制作は投資です。できれば発注する前に、この問題を十分に理解することが重要です。答えに満足できない場合は、別の開発者を探しましょう。

 

2、どのコンテンツ管理システムを使用しますか?

最も基本的なパンフレット形式のWebサイトを除き、コンテンツ管理システム(CMS)を使用して、開発者がサイトを構築し、コンテンツ(文章、写真、ビデオ)を管理するプラットフォームを提供します。

独自のCMSを使用してサイトを構築する場合、他のWeb開発者がサイトで作業する可能性はほとんどありません。2020年現在最も人気のあるCMSはWordPressで約328,134サイトあり、全体の32.81%に及びます。
(参照 https://trends.builtwith.com/cms

現時点では、Wordpressは最も人気のあるCMSです。ただし、すべてのWebサイトがWordpressを使用して構築されていればいいというものではありません。

次の点に注意することが重要です。

  • それぞれのCMSはさまざまな目的に適合します。たとえば、Drupalは大企業や政府で非常に人気があり、Magentoはeコマースシステムです。
  • 市販のCMSはすべてのサイトに適しているわけではありません。非常に独創的なサイトやアプリケーションは、Ruby on Railsを使用してカスタムコーディングするか、最近日本でも増えているShopifyなどは、はるかに大きなサービスとしてのソフトウェア(SaaS)システムの一部です。

 

3、以前に今回お願いしているようなウェブサイトを作成したことがありますか?

ウェブ開発者がポートフォリオとしてあなたのようなサイトに近いものを持っていないからといって、彼らに発注してはいけないという意味ではありません。

しかし、経験の浅いデベロッパーに頼むより、経験豊富なデベロッパーに頼んだ邦画試行錯誤の時間が減る可能性が高くなります。

 

4、ウェブサイトの保守(追加開発)費用はいくらですか?

コンテンツの管理は別として、サイトが公開された後に新しい機能をサイトに追加したくないと想像してください。

サイトをそのままの状態で維持するための費用はいくらですか?また、ホスティング、ドメイン名、セキュリティ更新、SSL証明書、支払いゲートウェイなどについて質問してください。ドメイン名の選択および登録方法の詳細をご確認ください。

 

5、サービスとサポートの料金はいくらですか?

一部のWebサイト開発者は、低い初期価格であなたを魅了するかもしれませんが、高いメンテナンスと更新料金、継続的および/または追加料金であなたを結局は割高になる可能性があります。

 

6、営業時間外にサポートを提供していますか?

あなたのウェブサイトが金曜日の夜にダウンした場合、それはあなたのビジネスにとってどれほど深刻ですか?月曜日の朝まで待つことができますか?それとも誰かがより早く調べることが必須ですか?

 

7、ウェブサイトのマーケティングに関して何を提供しますか?

SEOまたは検索エンジン最適化は最もよく耳にするフレーズですが、これは新しいサイト(オンラインまたはオフライン)のマーケティングに費やすことができるものの一部にすぎません。

殆どのWeb開発会社は、このサービスを提供せず、デジタルマーケティングを主なサービスとする他の会社に任せています。いくつかの企業は入門レベルのサービス(Google analyticsの設置など)を提供して開始しますが、それだけでは足りないことが大半です。

 

8、ウェブサイトが公開されるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

新しいサイトを公開するための期限はありますか?

納期の同意を上で発注しましょう。

 

9、私のサイトはスマートフォン上ででうまく表示されますか?

スマートフォンとタブレットは、インターネットにアクセスするより一般的な方法としてデスクトップを追い抜いています。Webサイト開発者はレスポンシブWebデザインについて知っていますか?

先日Googleは公式にMobile Firstを宣言しました。

 

10、営業担当者はあなたにとって信頼出来る人ですか?

あなたは、あなたが全く理解しておらず、必要のない追加の支払いを強いられていると感じることがないですか?

解決方法ではなく、パッケージの購入を強制されていませんか?営業担当者はどれくらいあなたの話を聞いていますか?営業担当者の売り上が最大のインセンティブではないことを是非確認しましょう。それはあなたの売り上げが営業担当者の最大のインセンティブであるべきです。

 

まとめ

信頼できる経験豊富なWeb開発者は、最初からオープンで透明な関係を築くことがいかに役立つかを知っているため、信頼関係を大事にします。

営業担当、または開発担当者、そしてその企業をしらべ、よく話し合いましょう。

繰り返しますが、サイトの構築は投資です。

最終的な価値を見失わないよう、しっかり戦略設計をしたうえで開発へ進みましょう。

濱口 雄太
Posted by 濱口 雄太

NADJAの代表 HubSpotを愛してやまないマーケター。 ブリッジSEとして開発の上流工程も担当。

Topics: ソフトウェア開発, エンジニア